男女ともですが、30代からの婚活は本当に大変です。なぜって?それは、コミュニケーション能力が高い人がどんどん少なくなっている中で、出会いを探さないといけないからです。

先日、ブログに記載しましたとおりです。

【婚活】現在進行形、正式交際のこもごも、結婚するために大切なポイントは?

 しかし、男性のセンスのなさに、女性もどこまで鈍感にならないといけないのでしょうか?とも思います。初回のデートくらいは、きちんと対応してほしいですね。男性も会社の接待だと思えば、きちんと物事を進めていけると思いますが、それさえできてないとなれば、仕事ができるのかも心配になります。時に臨機応変な対応ができるかどうかもチェックしたいところですが、初回のデートくらいは、定番の流れにしてほしいです。あたり前のことでしょうと思われがちですが、こういったことが出来ていない男性も多いのです。

① 予約
② 支払い
③ 店選び

 まず、①についてです。

 予約をしなくていいのは、付き合いが深い二人の場合です。駅などに集合して、今日何食べる?なんて言いながら、散歩して探してもよいでしょう。しかし、出会ったばかりの関係で散歩しながら探すなんてありえません。

 とくに女性は、ヒールを履いています。そんな状態で、空いているかもわからないお店を探し回るなんて、言語道断です。こういう人は、相手のことをまったく考えていないということです。もちろん、その日の気分で何食べたいか決めたいんですよ、という方もいますでしょう。しかし、初回のデートくらいは我慢できますよね?それさえも我慢できず、予約もできない、そんな男性は選ばれるはずもありません。

 次に、②です。

 初回のデートくらいは男性がご馳走してあげて、とアドバイスはしています。その次のデートからは、7対3くらいにしてあげましょうと伝えています。

【婚活】 女性が自分でお支払いしてもいいと考えている額は、○○円?

 ここでも、その人のもっているセンスがでてきます。女性もお支払いしようと思っています。しかし、20代女性がお出しできるのは3000円程度になります。
 ある男性は、高級焼肉店に予約してお気に入りの女性を連れて行きました。二人で、3万円くらいしたそうです。そこで、「少しお支払いしますよ」と女性がお伝えしました。その時、男性は「では5000円」と言ったそうです。彼女はその発言でがっがりしてしまいました。そもそも、女性の年収は300万円台くらいです。そして、独り暮らしをしていたら、計画を立てて、出費しています。彼女も3000円くらいならと思っていたところ、5000円と言われ、今月の家計のやりくりが心配になってしまったそうです。
 その男性は、年収1000万は優に超えていました。事前相談はなく、高いお店を予約をされているわけです。だったら、お店選びから相談してほしかったと言っていました。男性は年収が高いため、5000円はたいした額だとは思わなかったのかもしれませんね。男性は予約まではできていましたが、その先のセンスがなかったわけです。この場合、男性の回答は、「次回からお願いします!」というのがベストだと思います。

 最後に③です。

 デートのお店は、落ち着いてお話しができる、レストランなどがよいです。居酒屋などはざわついておりますので、デートには不向きです。しかしながら、居酒屋チェーン店を選んだり、お店のチョイスを女性に丸投げする人もいます。サポートしてきた中で一番驚いたのは、食べ放題のバイキング・・・。初回で選ぶお店ではないですよね。お互いのことを知る機会をつくるのが、デートです。それなのに、食べる事を優先している自体で、彼の将来はありません。また、お店の最終的なジャッチは、女性にしていただいてもよいと思います。でも、「○○と○○と、どちらか好きな方を選んで下さい」くらいまでは男性が調べて行いましょうよ。

 結局、結婚まで至らない人は、何かしらのずれているポイントがあるのです。