先日、元会員様がおこし下さいました。5年前くらいに活動していた方です。あれからあっという間でしたね。この度、無事結婚となり、ご挨拶にきてくださいました。

彼女の長い婚活について、話を伺いました。彼女がはじめて、婚活に脚を踏み入れたのは、ganmiでした。1年くらい活動していたでしょうか?でも、その時は、外見を変える、声のトーンを変える、気持を変える、沢山のアドバイスをしても、どうしても前向きに活動をすすめることができず、結局フェードアウトのような感じで退会されました。
私がその時に彼女にしたアドバイスをずっと覚えていたそうです。「どれも中途半端で、何も変わろうとしてないじゃない?」みたいな感じで、言ったそうなんです。

退会してからは、なんとなく時が過ぎ、本当にやばい!と思ったのは、30代になってからだったそうです。そこから、再度、婚活に向かい合います。近所(埼玉)の結婚相談所に入会し、お見合いを1年します。でも、また挫けたそうで、1年で休会、その後、婚活パーティー・合コン・紹介依頼(プライドを捨てて、職場の人に紹介を頼んだ)「結婚したいんです!」と、どの場でも、発言をしてきたそうです。また、結婚相談所に登録し、同時並行2社にてお見合いをしながら、出会いを諦めませんでした。

それでも、婚活は簡単には実りません。自分は、女性として見られない。異性としての魅了が足りない分、自分は、何ができるのだろうか?自己分析も行います。自分は、中身を知ってもらうしかない、と切り替えて、自分を知ってもらうために、積極的に相手に自分をアプローチしていったそうです。それでも、ほぼ振られることばかり、でも諦めなかったそうです。メンタルは相当強くなりました!とのことでした。

メンタルはどうやって鍛えたのか?それは、相手に期待しない、ということ、一喜一憂しなくなり、少しずつ自分をコントロールできるようになったそうです。男友達を沢山作り、リサーチを続け、男性の思考を学んだそうです。最終的には、男性の気持も動かせるようになったそうです。

彼女は、合コンで出会った彼と結婚することになったのですが、その彼とも出会いから1年半かかって交際になったそうです。出会いからも、ずっと自分がひっぱってきたそうです。デートに誘ったのも自分、告白も自分(一度は振られた)。その間、会っていない時もありましたが、再会して、交際に発展しましたが、それも最初に彼女が彼にだめもとで告白していたことを、彼がずっと忘れずに覚えていて長い時を経て交際に発展。何もしなかったら、それまでだった縁を、彼女は、自分で切り開いてきました。へんなプライドなんて、もってたってなんの意味もない自分は何がしたいのか?「結婚」したいのだということ、そして、自分はみんなに受け入れられるわけではないから、自分を受け入れてくれる人に出会うまで、諦めないで動いたこと。

本当に勝ち取ったご縁ですね。外見は、正直、良くも悪くも変わっていなかったです。女性らしさ(外見)においては、前のまま・・でも、彼女は、外見ではわからない、内面を努力で変えていったのです。男性は、女性に何を望んでいるのか?この発言の裏には、どういった意味が隠されているのか?そういったことを考えて行動したそうです。自信がないといつも言っている彼の良い部分を見つけてあげて、寄り添い、応援してきたことによって、彼が自信をもてていくようにサポートしたこと、そういったことが、「結婚」に繋がったのではないかと、分析していました。

当社でのご縁ではありませんでしたが、「婚活をしてきて、いろいろな結婚相談所に登録したけれど、三島さんのアドバイスが一番説得力があって、自分の心に残っています」と言っていただけました。

もう彼女は、最初に出会った時の彼女ではなかったです。20代のうちは、正直、婚活から逃げてしまったけど、本当に頑張ってきてよかった!と言っていました。

彼女のように、諦めず、自分に向き合い、努力している人は、ご縁に近づきやすいですね。みんな、「頑張ってます」というけれど、本当に頑張るとは、こういったことなんだなと、話を聞いて思いました。

末永くお幸せにと願っています!!