メンタルの強さは婚活でも大切

大阪なおみさんが、全米オープンテニス、ウインブルドンで優勝しました。その時についていた、サーシャ・バインコーチのコーチについて話題になっていますね。このコーチの指導方法も素晴らしいけれど、この優勝から読み取れるのは、何かを成し遂げるには、やはりメンタルの強さが必要なのだということです。

婚活中はメンタルが乱れがち

前回のブログにも記載しましたが、婚活を始めると周りが余計なアドバイスをしてきます。本当に余計なことを言われるので、傷ついたり、うまくいかないと自分を責め始める人もいます。逆に上手くいかず、人に不満をぶちまけ、攻撃的になる人もいます。しかし、結婚は、あなただけ問題でもないので、責めすぎたり、攻撃したり、しないことです。

人は、年齢を重ねていくだけでなのに、本当に心が弱くなっていく動物なのだなと感じます。自分は変わっていない中で、周りが変っていくだけなのに、焦ってしまう。これだけでメンタルが乱れるのです。

例えば、私の知人は、40代そこそこで、未亡人となりました。ここで、思ったことがあります。もし私なら、どうなっていただろうか・・夫を亡くしたら、抜け殻のようになるのはないかと思いました。しかし、彼女は強かった。経済的な自立は大変そうでしたが、重要なのは、生き続けるメンタルの強さが何より必要で、その力を持っている彼女を羨ましくも思いました。夫に依存することなく、自分のやりたいこと、没頭したいことをもっていたお陰で、すぐに立ち直れていました。要するに、どんな自分であっても、メンタルが重要なのだということです。

メンタルの鍛え方

メンタルはなかなか鍛えられるものではありません。もともともっている性格があるからです。それでも、少しずつ変えていける人もいます。会員様も強さを身につけて結婚しています。

どうすればメンタルが鍛えられるか?

・自分を客観視するために、婚活でおこったことをメモに書き出し整理する(文句を書きだしたっていいです)

・正しい指導者に相談して、冷静に自分を見つめる(これが大阪なおみさんでいえば、サーシャ・バインコーチです)

メンタルが強い人は、つらい婚活も続けていけるのです。続けていけるということは、縁に近づきやすいです。お見合いは、長く続ければいいものではないので、数回のお見合いで決められるのがベストです。でも、そうはいっても長引く人もいますよね。だからこそ、メンタルの強さ(諦めない)ことが重要なのです。とにかく、婚活中は、人に左右されず、一喜一憂せず、自分の心の中には、強さ・芯をもっておくこと、が大切です。たまに、人のアドバイスは一応耳にはいれるのは忘れずに!