婚活している時、眼鏡は付ける付けない?

婚活をはじめる時、眼鏡をかけている人が、「眼鏡はどうすればよいでしょうか?」と質問してきます。ここでは、婚活においての眼鏡はどのように使用していけばよいか記載します。

まず、基本は、眼鏡ではなく、コンタクトレンズを使用しましょう。女性は特にそうですが、服装によって眼鏡を選ばなければいけなくなるからです。普段は眼鏡を使用していても、お見合い時、数回のデートは、コンタクトで乗り切っていただいたいところです。眼鏡が許されるのは、上級のおしゃれさん、位だと思いましょう。

婚活写真も、同様、眼鏡では撮らない

お見合い写真を撮影する時も、基本は“コンタクト、裸眼”でお願いしています。しかしながら、コンタクトがどうしても苦手という方も時におられます。そういった方は、1枚目は、コンタクトの写真で、2枚目に、眼鏡の写真を掲載します。そして、プロフィールにも、通常は、眼鏡をかけています、と注釈をつけています。

なぜかというと、コンタクトで撮影した婚活写真をみてお見合い相手を選んでいますので、眼鏡をかけてお見合いに現れると、まったく別人に見えてしまうからです。とくに、男性は、顔認識能力が低いため、同一人物と認識できない方もいますし、お見合いの結果報告でも、「眼鏡できていて、別人だった」という感想があるくらいです。基本は、コンタクト、どうしても、目がにあわない方は、眼鏡で撮影しますが、必ず、注釈をつけておくとよいでしょう。これは、お相手へのマナーという観点からも必要です

眼鏡の方は、スタンダードで!

どうしても眼鏡を付けなければいけない場合には、どういった眼鏡を選べばよいでしょうか?眼鏡ひとつで、魅力的にみえたり、ダサくみえてしまったり、眼鏡の選び方は、慎重にお願いします。先に述べたように、眼鏡を上手に使いこなせる上級者以外は、下記のようなスタンダートな眼鏡にしてください。

スタンダード

オーバル型サングラス

ウエリントンメガネ

ボストンメガネ

おしゃれ→上級者のみ

ラウンド型サングラス

ださい→絶対NG

ティアドロップサングラス

眼鏡は、顔の形によっても似合う似合わないがありますので、自分で選ぶのではなく、店員さんにも確認しましょう。また、ださい、と記載しました、ティアドロップサングラスタイプは、昔の研究者というイメージで、おじさんがつけていましたよね?この型は、だいたいの方は似合いません!!芸能人で、上級なおしゃれな方のみがつけてもいいレベルでしょう。

自分は、おしゃれ上級者なのか、普通のセンスなのか?認識をして、眼鏡を選びましょう。婚活では、眼鏡だけではなく、スタンダードを狙えば間違いはないです!