私は、電話相談業務も行っています。以前、こんなご相談がありました。「婚活アドバイザーとして仕事をしたのですが・・」というもので、その方は、大手結婚相談所の面接を受けたそうです。しかし、仕事の内容が自分が思っているものと違う・・と悩んでしまったそうです。

 その仕事内容とは?婚活アドバイザーの仕事は、多岐にわたります。面談(営業)をして、入会となれば、そこからプロフィールを作成するなどのアドバイスをして、お見合いを設定して、交際、成婚まで結びつけます。
 
 大手結婚相談所は、営業専門の方がいて、アフターフォローは違う人間が行う事が多いのです。彼女の仕事は、面談もして、アフターフォローも行うように、ということだったそうですが、担当していく人数が、ビックリする人数だったそうです。約500名を担当してくださいというノルマがあったそうです。500名??そんな人数のフォローなんてできるわけありません。
 私は自分でいうのもなんですが・・、相当量の仕事はこなしてきましたが、頑張っても60~70名程度が、ぎりぎり自分でサポートできるラインかと思います。フォローの程度ももちろんありますけれど。その方が、どの人とお見合いして、交際して、を考えると、そのくらいの人数が妥当だと思います。それを500名って、すごいですよね。
 
 実は、以前、某大手結婚相談所の担当さんと話をしたことがあるのですが、そのときも1人300名を担当するとおっしゃっていました。それが当たり前なのが、大手結婚相談所なんですね。そのようなサポートで、結婚(成婚)がまとまりますでしょうか?よく考えればわかりますね。結婚するのに、出会いだけあれば、いいのか?そんなことないのです。出会った先が重要で、駆け引きとか異性の気持とか、そういったことが苦手な方にむけて、サポートするために我々(仲人のような)が存在します。それがそっくり抜けてしまうような流れでは、最終的には結婚まで辿り着けません。

 相談者は、その人数を抱えなければいけないことが、自分の思っていた仕事内容と違ったとのことでした。ご本人も、結婚相談所で活動したことがあったそうなので、そんな人数をサポートできるはずがないと感じたそうです。

 かといって、大手結婚相談所が、悪いわけではないのです。大手というのは、出会いは作れますので、あとは自分で関係性を構築してください、というサービスなんだということです。これを理解して活動すれば、良いわけです。それを理解していない人が、活動したけどまったくサポートがないと言うわけです。

 営業のトークを良く理解しましょう。言われたままを受け取るのではなく、その先には、どういったことがあるのかを理解しましょう。おのずと、自分がどうしたいのか?どんなサービスが向いているのか分かるはずです。

 出会いだけを求めているのなら大手結婚相談所でも充分です。でも、その先、本当に結婚したいのなら、きちんとサポートのある、結婚相談所にて、活動をしましょう!