婚活を始める時、自分の売りはなんだろう?と自分の分析をしますね。プロフィールを作成しますので、自分の良い点を考えるでしょう。

①料理ができる
②語学ができる
③仕事ができる
④ルックスが比較的よい
⑤健康である
⑥性格が明るい
等々・・・

 ある会員様は、自分が今まででは出会うことがなく、自分が思っていた人以上の方と結婚することになりました。「なんで彼が私を選んだのでしょうか?」としきりにおっしゃっていました。本人にも確認したそうです。その答えは「普通が一番だってわかったからだよ」だったそうです 。それって・・・「いやいや、それは褒め言葉だよ」と言われたそうです。その女性は、ルックス・経歴は普通ですが、子どもが大好きで、母性たっぷりでした、それが魅力だと思いました。

 その男性は、仕事柄、キャリア女性の知り合いも多くいますし、実際、お見合いでも、そういった方とお見合いをし、自分にはどういった人があうのか自分が家庭に求めるのはどういった人なのかを考えたそうです。そこでいきついたのが、彼女、いわゆる「普通の女性」だったそうです。

 先日、美人妻と、家庭的な妻と、どっちがよいか、というアンケートがありました。

1. 美人妻……エロス漂う美人妻、常に自分磨きを欠かさない、周りから美人&綺麗と評判の妻。
2. 家庭的妻……笑顔たえないふくよかな家庭的妻、料理と家事はピカイチ、母性溢れる妻。

結果は?

1. 美人妻……37%
2. 家庭的妻……63%

 結局、結婚には、ルックスだけではなく、家庭的なのも大切だと分かります。

 実際サポートしていて思うのが、とても美人であっても、気が強すぎたり、自分のことばかり考える思考の方だったり (例えば、男性がおごるのが当たり前と考えるなど)は、彼女には選ばれるけれど、結婚にはたどり着いていない傾向が高いです。

 結局は、癒やしの雰囲気があったり、気遣いのできる家庭的な感じのある方が選ばれます。美人だけで選ばれる人は、ごく一部です。

 そして、結婚にはタイミングも重要です。先に述べたカップルは、出会ったタイミングもよかったのだと思います。

 彼が、色々な方とお見合いして、自分は、どんな人を求めているかと考え終えた時と、 出会いの時が重なったからだと思います。 もし、彼がいろいろ考えている最中の時に出会っていたら、もしかしたら彼女の良さには気付かなかったかもしれません。
 これは、再婚者の結婚相手選びにも似ていますが、きつめの美人妻に疲れて、癒やし系の妻を選ぼうと方向性が変わった時と一緒ですね。 どちらにしても、美人で家庭的が一番、であり、その次は、家庭的、が選ばれる、結婚は日々の生活なので、そうなるのだと思います。 自分は何もない・・なんて思わず、家庭的な部分が魅力だとアピールするのもひとつの手ですね!