結婚するために出会いを探す、婚活をはじめます。まずは、お見合いを組むために一生懸命になります。でも、実際のところ、お見合いで結婚できる人は、多くのお見合いは設定しません。「お見合いは数ではないのです。

 出会った先がとても重要なことに気付いているか、気付けるかです。

 大手結婚相談所では、出会いはいくらでも作れるようです。ある女性は32歳で大手結婚相談所に入会して、月5人くらいと会い続け、2年間で約100名にお会いしたそうです。しかし、結婚にいたらず、34歳で当社へご入会されて、7人目のお見合いの方と無事結婚となりました。大切なのは、お見合いの数ではないのです。

 当社が所属している日本結婚相談所連盟の調査によれば、結婚相談所を利用して結婚される方の平均お見合い数は、10件程度です。それ以内で決めていけるかが大切なポイントなのです。

 現在、当社で正式交際に進んでいるカップルは4組。この4組は、順調に進めば春には結婚という形になります。

 それでは、結婚にいたる正式交際に進むには、何が必要なのでしょうか?男性と女性では、少し活動のスタイルは変わりますが、大切なポイントがあります。

大前提のポイントは下記です。

①恋愛と結婚は違うと認識すること
②何度も会うということ
③相手のことをある程度スルーすること

 結婚に至らない方の多くは、①の気持を重要視しすぎることです。ピンときた、キュンときた、という感情を優先しがちですが、結婚相手を選ぶときは、その感情の水面下にある、人間同士の相性があうか、を見極める必要があります。

 何度も会う、という②の行為も意外に大変な作業になります。ここを乗り越えられない人も多いです。1回のデートであきらめてしまう方もいます。最近うまくいっているカップルの例ですが、最初の印象は、ごくごく普通でした。それはお互い様です。しかし、ここであきらめたらお終いです。一度会ってみて考える、お相手への不満がある、でも、もう一度会ってみる。ここで体調を崩すくらいに苦しくなってしまう人もいます。それでもまた繰り返す。一人では抱えられない不満は、担当に愚痴ってもよいでしょう。そこで、もう一度、物事の捉え方を変えてみるのです。その繰り返しを行う事によって、少しずつ、感情に変化がおきる場合があるということです。結婚まで到達できる人は、この行為を怠りません

 最後に、③です。これは、とくに30代になったら、行わなければいけない作業になります。そもそも、相手のことを色々考えてくれて、楽しませてくれて、空気を読んでくれる、そんなコミニュケーション能力が長けている男女がいますでしょうか?そんな人は、そうそうに相手をみつけて結婚しています。お互いにコミニュケーション力が長けている同士が惹かれ合うからです。必然的にプライベートの出会いで、お互いにお互いを大切にしあい、自然に結婚という流れにいきつくことでしょう。
 しかしながら、そうはなっていない現実を受け止めなければなりません。相手も自分も、思っているほど本当の意味で相手にあわせていけていないということですし、相手に自分の存在をプレゼンテーションできていないということです。だからこそ、婚活では、お互いの努力が必要になります。お相手のことを考えて行動したいものですが、相手が自分が思っているほど、そのとおりに動いてくれるわけでもありません。
 そこで、お相手の言動をある程度はスルー出来るかどうかの力が試されます。少し気に入らないことをいかに流せるかも重要です。「鈍感力」という本が流行りましたが、結婚するには少し鈍感力を鍛える必要があると思います。

 この三つが大前提ではあるのですが、男性はどうしても、自分のタイプかどうかで、ジャッチしたがる動物です。そういう人は、いつまでもそういう相手を追いかけてしまうもので、お見合いは数ではない、という前提では動けなくなってしまいます。そういう場合には、婚活は数年に渡ってしまいます。それが悪いわけではなく、それだけの費用をかけてでも、自分の理想とする結婚を望んでいるのであれば、頑張って続けるしかありません。