結婚相手を選ぶには、まず「結婚」を理解すること!

あなたが、「結婚」をどう捉えているか?によって、結婚相手の選び方は変わってくると思います。

独身時代、結婚している人に、「結婚の決め手はなにか?」と質問をしていたこともありました。結婚の理由なんて様々だったように思います。

そもそも独身からすると、「結婚」は未知の領域で不安ばかりです。だからこそ、誰かに明確な答えを教えてほしくて、聞きたがるわけです。ただ、そこに落とし穴があるのです。結局、結婚をどうとらえているかによって、答えが変わってきますし、どれが正しいのか、そして自分にあっているのかは違うのです。あなたにとって、正しい答えかは、自分でしかわからないのです。結局、重要なのは、自分の結婚への考えが確立してるか、どうかにかかってくるでしょう。

自分で考える「結婚」を整理してみよう

・「好きだから一緒にいたい」

・「経済的負担減の方法・相互扶助」

・「子どもを持つ手段」

・「世間の重圧からの解放(婚圧→ganmi商標登録)」

いままで沢山の結婚をサポートしてきて思うことがあります。恋愛感情を抱ける人を探そうとしているのでは、なかなか結婚にはいたらないということです。

一生この人と寄り添いたい、という誓いをたてて結婚しても、日本でさえ三人に一人が離婚する世の中になりました。恋愛の延長で結婚することのもろさが、露呈してきたように思います。

初婚同士の夫婦における、お見合い結婚と恋愛結婚の比率が逆転したのは1960年代です。社会的背景もあると思いますが、これだけ離婚が増えると恋愛結婚が絶対良いという結果でもないように思います。

「結婚」とはどういったことかを考えて、自分にあった相手と結婚した会員様の例はこちら!

結婚の理由は何だっていい!

会員様でも、「人を好きになれない」と悩んでいる方も多いですが、かつての私もそういった時期は乗り越えています。そもそも、好きになるのを待っていたら、「結婚」にはなかなか辿り着けないものなのです。

結婚は制度ですから!とドライにも割り切れない部分もありますが、少し結婚に対する見方を変えてみると気が楽になるのではないかと思います。ある会員様のご友人は、生命の危機を感じて、結婚を決めたそうです。(病気で人生が不安になった、心細くなった)そんな理由でいいのですか?と会員様が言われるのですが、それでもいいのです。

私自身も手術を受けて、人生を考えたとき結婚を考えた1人であり、また、恋愛感情を求めてばかりで結婚できないと悩んでいた1人です。

よく会員様にも、「私が、大恋愛して結婚していたら、逆に苦しくない?」と言います。「恋愛して、運命の人!って思った人と結婚しなきゃだめだよ」とアドバイスされたら、いつまでも好きな人を探しまくって、苦しくなってしまうでしょう。

結婚の理由はなんだっていいんです。重要なのは、結婚した先だからです。

恋愛と結婚は別だと考えます。感情だけで動けるのなら、恋愛、それ以外の要因をみているなら(年収・家柄・学歴等)、それはすでに恋愛ではありません。

みんな頭ではわかっているはずなのに、恋愛と結婚は一緒と思ってしまうわけです

私は、結婚相手を、親友という位置づけでもみています。親友とは、たわいもない話ができて、一緒の空間にいても違和感がない、そんな感じでしょうか。

逆にそれをみつけるほうが大変だよ、という突っ込みもありそうですが、すぐに親友になれたわけでもありません。結婚してから、お互いに試練を乗り越えてきました。その先に、恋愛という感情ではない、慈愛のような感情がでてきたように思います。

最後に、もう一度、「結婚の理由はなんだっていい」のです。重要なのは、ご縁があった人に思いやりをもって接して、どれだけ大切にしていけるかです!

結婚は、幸せを作り上げていくもので、結婚する当初の気持がMAXである必要はないのです。