男女の出会いにおいて、お支払いについては永遠のテーマかもしれません。一昔、デート代は、男性もちという時代もありましたが、現代のお支払い事情はどのような感じでしょうか。

まず、お見合いに関して言えば、最近は、割り勘も多くなってきているということは頭にいれておくべきでしょう。そうはいっても、私自身は男性会員様には、「初回のデートはご馳走して差し上げて、2回目以降は、男性が7割くらい負担して差し上げるとよいでしょう」と、アドバイスはしています。時代が変りましたね。男性もお給料が順調にあがる見込みが無くなり、結婚相手にも、シビアにそういった部分を見ていく傾向が高くなったように思います。

女性もご馳走して頂けるとは思わずに、少しでもお出しする姿勢をみせているほうが、経済観念がきちんとしていると思われます。目先のお金を出す、出さないではなく、男性のサポートもできる、という姿勢を見せていくことが必要です。財布を出さないなんていうのは言語道断です。「少しお支払いしましょうか?」と可愛く男性に伺いをたてるような発言・仕草ができれば、男性も気遣いもできて、可愛い女性だと思うことでしょう。

女性の言い分としては、そもそも、男性と女性では、お給料の額が違う(男性のほうが高給取り)し、女性は綺麗にするためにお金がかかる、と言われます。ただ、男性からしたら、この先どうなるかもわからない相手に「全額ご馳走しなければいけなのか?」が本音のところでしょう。もちろん、最初からこの女性と結婚したいと、男性のテンションがとても高い場合には、ご馳走して下さるとは思いますが、男性も様子をみている関係の場合、ご馳走する義務はないと思っています。男性が、この女性のために支払ってもいいと思わせるくらいの、パフォーマンス、例えば、癒やしの、空間・会話や上質な知識を提供できているのならば、構わないと思いますが、そうでなければ、ご馳走してもらえるはずはありません。

また、こんな例もあります。男性で年収が高めの方は、女性にご馳走してもよいと思っていますが、観察されているということを忘れないようにしましょう。ある男女が、初デートに行きました。「お酒は、何杯飲みますか?」お酒が大好きだとしても、初回のデートでは、2~3杯、多くても4杯まででしょう。しかも一杯のお値段は、お相手にあわせるようにしないとなりません。この女性は、7杯くらい飲まれたそうです。その男性は、かなり年収がある方で、お店もそれなりの場所を選んでいました。普通の飲食でも、それなりの出費なのに、お酒代もかなりかかったそうです。その女性の対応をみて「この人とは無いわ・・」と思ったそうです。女性も、先のことを考えないで、ただご飯をご馳走してくれる人と思っただけなのかもしれませんが、そうはいっても、これはマナーの部分ですね。

こんな例もありました。ある女性は、毎回デートの度に高級な店をチョイスします。とても綺麗な女性でしたから、男性も最初は頑張ります。しかし、数回のデートで分かってきます。こんな女性と結婚したら破産してしまうということを。結局、何度かデートしたところで、その女性は振られます。そして、男性は反動から、美女とは違った、癒やし系の女性を選ぶようになっていくのです。こういった裏事情があからさまに見えてしまうのも、お見合いのサポートをしているからです。

参考までにですが、正式に交際していない2人のデート時、飲食代は、2人で10,000~12,000円くらいでしょう。お酒を飲まない方は値段が変ってきます。20代女性が自分で出してもよいと考えている額は、3,000円だそうです。(当社女性会員様調べ)そうなると、男性が7割負担で、2人で10,000~12,000円は妥当ですね。

男性は、恋愛相手と結婚相手は、違うと見極めています。男性が黙ってご馳走下さっている時は、女性側の出方を見ていると思いましょう。

残念ながら、本当にけちな男性もいます。しかし、そういった男性は逆に言えば経済観念があるのです。女性が毎回デートごとに、嘆いていました。彼女は年収が少なくて、デート代は割り勘で支払うのも大変なようでした。男性側にお支払いのことでアドバイスをしたこともありましたが、基本は割り勘でした。結局この2人は結婚されたのですが、結婚する時、男性が言われた発言はこうでした。「僕は貯金をしているから、結婚したら、安心だよ」です。結局デートでいつもご馳走している男性は、誰にでも良い格好をしますので、意外に貯金がなかったりもします。女性側も、恋愛相手を探しているのではなく、結婚相手を探しているのだということを忘れないようにしましょう。そうはいっても、バランスなので、あまりけちけちした1円単位のデートでは、女性も参ってしまいますが、男性も各事情や考えがあってのことです。

様々な結婚をサポートしてきて思うことは、ある程度の年齢になったら(30歳以上)、割り勘にされても当たり前と思わなければならない、男性がご馳走して下さる時は「自分が出せる金額しかご馳走してもらうな」ということです。男性がご馳走して下さるからといって、自分では出せないような金額のお酒、お食事をチョイスするな、ということです。そういったことがわかっている女性は、結婚相手に選ばれることでしょう。