男性の婚活ファッションは、女性よりは単純で簡単です。少しのポイントを押さえるだけで、きまります。
お見合いはスーツが基本なので、仕事で着用しているスーツを使用しましょう。ただ、スーツといっても様々な形があります。体型にあった細身のスーツを着用されていればよいですが、体型よりも大きめなスーツをお召しになっている方もおられます。大きめのスーツを着用されている人にかぎって、よれよれでアイロンもかけていないような感じで、だらしないくみえる方が多いです。 裾が長かったり、袖丈が長かったりします。また、体型にあっていないズボンをベルトで安易に閉めている方、ウエスト周りに撚れがみえます。ウエスト周りでいうならば、下記の写真のようなバックルがついているベルトをされている人もいます。ベルトだけで一気に老け込みます

【NGなベルト】

ネクタイの色は明るめを選びましょう。地味な色は、老けて見えてしまいます。
シャツは、チェック柄などは、おしゃれに自信のある方でしたら着用してもよいですが、おしゃれに自信がない方は、とにかく無難に無地で、白かブルーです。

せっかくの出会いの場ですから、お相手に印象よく見せたいですね。

靴はどうでしょうか?

靴も、歩きやすいからといって、おじさんが着用しているような、クッション性の高い、先が丸くぼてっとした靴を着用していませんか?靴先がすっきりとしている、革の靴をお召し下さい。逆に、とがりすぎているロック調の革靴は、攻めすぎなので注意しましょう。

【NGな靴】

【OKな靴】

バッグはどうでしょうか?

仕事用のバッグをお持ちでも大丈夫ですが、できれば手持ちは少なくして、手ぶらでもよいでしょう。スーツの内ポケットに入れすぎると、ぱんぱんになりやすいので注意が必要です。仕事用のバッグで、肩紐がついているものは、長さも調整しましょう。長くだらんとしているとおじさん度が増してしまいます。荷物がある方は、革などのトートバッグがよいでしょう。

デート時の服装はどういったものがベストでしょうか?

スーツは、基本だれが着用しても素敵に見える魔法の服です。その服を脱いだ先に、センスが問われます。極端に流行を追う必要はありませんが、いっきにおじさんの服装になるのだけは避けましょう。

たとえば、ウエストポーチを腰に巻いていたり、ポロシャツの襟をピンと立てたり。

清潔感のあるシャツに、チノパンあたりが無難でしょう。もしくは、Tシャツにジャケットでもよいです。シャツは、インに適している物、アウトに適しているもの様々ありますので、わからなければ、店員に確認するとよいでしょう。

基本は、清潔感のある装いです。汚れがついているなんて論外、ダウンジャケットなどなかなか洗わないため、においに気付かず平気で着用されている方がいます。ダウンジャケットは、洗濯機でおしゃれ着洗剤で洗えますので、冬だから大丈夫と思わずに小まめに洗いましょう。

とにかく男性の場合には、清潔感を大切に、覚えておきましょう。