コロナウィルス流行中の婚活

全体の入会数は減少しているとのことだが、当社においては春に面談が多かったせいもあり、入会は順調でこの時期を過ごしています。

会員の皆さんはGWはステイホームなだけあって、プロフィールの閲覧は増えているらしいです。自宅にいてそろそろすることがなくなってきているので、プロフィールを閲覧して、お見合いをはじめようと動き出す時期だからでしょう。そこで、私はシステムをみて、つっこみをいれながら仕事をしています。(*_*)

男性会員、自分の立場を分かってる?

当社は、入会条件を設けているため、アラサーの女性会員が多く登録しています。5月から25歳前後の方が数名活動をはじめました。そこで、ふと、男性にツッコミをいれたくなることがありました。ずっと思っていたことでしたけど、今一度きちんと記載しておきたいと思います。

そもそも20代の女性は、40代には目を向けませんよ。年上が希望といっても、20代ならせいぜい30代ですよね・・。それが一般的。なのに、平気で40代~50代の方がお申込みをしてきます。この現象を私たちの中では、「記念受験」と言っています。

記念受験とは、自分の実力から到底離れた大学/学部を「まぐれで受かったらいいな~」という気持ちで受験することです。

女性はこんな視点でみています

記念受験もいいでしょう。まぐれを期待しているんでしょうから。でも、女性はこう思っています。希望欄に、近い年齢を希望、とか、32歳までが希望、と記載しているのに、記念受験をしてくる人を、プロフィールをきちんと読んでいない、真剣ではない、と受け取っています。

まったくもって逆効果なんですよ。記念受験するのは、勝手ですが、結局女性からすると、プロフィールを読んでいない、真剣ではないと思っているので、まぐれさえもおきないということです。

ご縁というのは、奇跡とかがたまに起きるのも事実です。例えば、入会時、ある女性は3歳くらい年上が希望と言っていたけど、10歳くらい年上に好意をもったとか、そういうのもあるので・・、お申込みは自由にしてもらっても構わないとは思いますけど。

でも、お見合いという出会いにおいては、会ったことがない、人柄もわからないわけですから、年齢が離れていても10歳上くらいなものだと思いますよ。

男性も自分の年齢を考えて、記念受験ばかりしていないで、自分に見合った人を探すようにしましょう。あの人、記念受験ばかりしていると思われないように・・。