あなたは○○先生みたいと言われていないか?

婚活女性からよく聞く話。男性の服装がダサいという話・・。ダサいことによって、感情が盛り上がらず、ご縁ってまとまらなかったりします。だからといって、ダサい男性は、自分がダサいとはわかっていないんですよね。

先日、会員様とお話していました。少し年齢が上の方と交際をしているのですが、顔が悪いわけではないのに、どうしてもダサい。会うと、ダサいなーと思ってしまって、テンションが上がらないんですって。笑。これよく聞く話です。女性にばかり綺麗を求めるけど、男性もそのダサさをどうにかしてよ、と思っている女性はたくさんいます。

おしゃれじゃなくても普通にはなってほしいんですが、そもそも自分がダサいとはわかっていないだろうから、変えようもないのでしょう。私たちの中で、そういう男性は、理科の先生と言われています。いろいろな教科があるのに、例えるなら、理科の先生。理科の先生すみません**;でも、例えるなら、理科の先生なんです。

本当に服に興味のない男性

これって興味の問題なんですが、服を適当にチョイスしてしまうというのがあります。そもそも購入する時点で、ダサい服を購入してしまう人がいるのです。理科の先生と言われないためには、無難な形、無難な色を購入するに限るのです。そして、体にあったサイズを選ぶ。

男性なので、白・黒・紺、あたりでOKです。へんに色がついているものに手を出してしまうと、ただのダサい人になりがちです。指摘してくれる人がいないから、ずっと陰でダサい(理科の先生)と言われ続けているんですよね。婚活している時は、自分の担当に、服装がどうか?と確認するほうがよいでしょう。そうしたら、担当もアドバイスを下さることでしょう。

服装に自信がない人は、レンタルで借りてみるとか、コーディネーターについてもらうとかしましょう。せっかく出会っても、その先にご縁が成就しません。これは、たくさんの女性をサポートしてきて、よく聞く話です。出会えばどうにかなる?って、どんだけ自信あるんだよ!と思います。男は中身というけれど、服装の印象は大切です。

とくに、男性はお見合いをスーツで行いますが、次のデート服がダサすぎて、女性が悲鳴を上げています。スーツはだいたいカッコよくみえます。デート服がダサいと言われないようにするために、とにかく、センスがない方は、無難な服装にしましょう。

理科の先生のような婚活男性との関係をうまくいかせるには?

ここで、女性は、どうやって思考を変換していけばいいのか?です。服装がダサい男性とのデートは、がっかりしますよね・・かつての私も、そういうデートもありましたし、がっかりした気持ちを乗り越えてきました。

がっかりな理科の先生男子をどうやったら、普通にできるのか?まず、定番、うまくのせて、一緒に買い物に同行するとか、です。正式な交際をしていないとなかなかアドバイスはできませんが、買い物に付き合ってもらいながら、男性服も見に行き「こういう服に似合うと思いますよ!」とさりげなく言ってみるのです。まあ、その男性と関係を進ませる気がいかない場合には、無理して行う必要はないのですが、服装以外は、条件クリア、という感じなら、そこまで女性がサポートしてあげるとよいでしょう。

先日、面談した会員様の婚活メモをみせてもらったら、自分に言い聞かせるように、「服と結婚するわけじゃないから!」と書いてました。そう、たしかに、服と結婚するわけじゃないんです。だから、本当はスルーできるのが一番だし、結婚したら服装のコーディネートは女性がしてあげればいいのですが・・ただ、そこまで、女性も頑張れない。だったら、デート中に、服装をうまくアドバイスしていきましょう。

そこで、聞き入れてくれるような男性ならOKとみなしましょう。服に興味がないけれど、人の意見を取り入れて、無難に着こなせる人ならOKです。

男女ともですが、中身を知ってもらう前に、外見からはいるものです。男性は中身だよ、と思っていても、あまりにダサいとテンションが落ちてしまいます。婚活をうまくいかせるためには、服装にも気を使うべきでしょう。

例 ダサい服装

例 無難な服装