人間の裏の顔を見抜くのは難しい

今回の件で、男性の浮気とか不倫とかに視点が集まりがちですが、内容はともかく裏の顔がひどかったというところにビックリしますね。ただ、人には裏の顔があると思って、お付き合いをしたほうがいいと思っています。

例えば、みんなにモテるような、口がうまくて、お金回りが良い男性なんてのは、大体裏の顔があると思いましょう。なぜかって、私のプライベートで付き合いのある、金回りの良い男性なんてのはだいたい裏で何かやってます・・。

じゃあ、口がうまくなくて、おとなし目の男性に裏がないかっていうと、そこにも、裏があるってこともあります・・。ということで、人には裏があるんですよ。

先日、同業者の方と話をしていましたが、一般人だって文春に張り込みされたら、ひとつやふたつ、でてくるかもね~と話していたくらいです。そのくらい、人間には裏の顔があると思って、人付き合いをしなければいけないんだと思います。ましてや、結婚相手を選ぶために婚活している人は、余計に気を付けて相手を見極める必要があります。

おごってくれる男性を素敵と単純に思っていいのだろうか?その裏には、誰にでもいい顔する人かもしれないとか、うわべだけ優しそうに取り繕っているだけかもしれない、そういう視点ももちあわせながら選んでください。

人間には欲があり、欲求不満になる動物でもある

今回のことは、裏の顔という部分が一番のポイントではありますが、原因が女関係、不倫や浮気ということなので、結婚の話と絡めて書いておきます。

結婚をまとめるという仕事をしているけれど、”結婚の意義や意味を言葉で説明するのは難しい”と思っています。今の時代、結婚したからと言って幸せになれるわけでもないし、平凡な幸せが手に入れば、それに不足がでてくるのも人間だからだろうと思います。
人間だからこそ、常に気持ちが安定しているわけでもなく、当初恋愛して気持ちが高揚していようが、それが日常になってくれば、高揚することがなくなり、安心や安定になっていくわけです。ただ、人というのは、安定になるとまた刺激を求める動物でもあるのでしょう。

そして、いくら、美人な奥さんでも動物的本能には負ける。これって、男女の違いもあるのだと思います。東出さんの時も思いましたが、そもそも遊び人だった人が、結婚制度にのっかると大変なのだと思います。いまの日本の制度では、夫婦以外の方との体の関係は、NGと言われているからです。渡部さんは、記事の内容をみるかぎり、もともと女が好きで遊び人気質で結婚はしたけれどそれが守れなかったんでしょう。

もともと遊び人の人が結婚で落ち着くってのはあまりないと思います。中には、遊び疲れて、もういいわ!という人もいますが、なかなかそうはならないのが人間ですね。

結婚の良さって何かを認識する必要がある

結婚で、全部が手に入るわけではありません。正直なところ、不足というのがでてきます。でも、天秤にかけた時に、自分がどちらを希望するか、を考えて行動できるのも人間だからでしょう。

よく夫婦で話をすることがありますが、結婚を選んだ時点で、その制度に縛られての幸せを手に入れています。ということは、それによってでてくる不足については、目をつぶって生きていくことが必要になります。

もしその不足が自分にとって大切で大きなものになるのなら、きちんと離婚をして手に入れるべきでしょう。結婚は束縛も伴う、束縛がとても嫌なら、離婚して一人になればいい。でも、また一人になり、孤独を感じたり不安になったり、人間って勝手な動物です。

結婚によって得られたものが大きく、それにともなってでてくる不足が小さいならば、結婚した意味はあるんだと思いますから、今一度、結婚できたことに感謝していくべきです。それが渡部さんには足りなかったんだな・・と思います。

結婚 お見合い 結婚相談所