こんな感じで女性は種類わけできる

ちょっと、婚活の先の話をしたいと思います。結婚後は、こんな感じで女性は分類されます!自分は、どんな女の人と結婚したいと思いますか?

夫に家事分担を頼んだとします。女性は、その家事のやり方に不満があります。その時、こんな感じで女性というのは対応します。

①やり残しの家事をそのまま対応する(不満をかかえながら)
②夫のやり残しをこっそりわからないように対応する
③ため込まず、直接文句をいいながらも対応する

どの夫婦がうまくいくと思いますか?

夫婦関係が一番うまくいくのは②のカップルです。その次はで、最後にです。

②をできる女性というは少ないと思っておきましょう。一番多いのはです。というは不満をもちながら、夫の不出来ばかりに目が行きがちにあり、それをうまく解消できずに、イライラを抱えながら結婚生活を送っていることになります

③というのは、直に指摘はしますが、それでも、女性のうっぷんは少しは解消されているので、仮面夫婦のようにはなりません。ただし、言い方・伝え方というはあります。頭ごなしに文句を言うのではなく、感謝は伝えながら、男性に嫌みったらしく笑いもいれながら、伝えていくとぎりぎりセーフって感じですね。

家事問題は永遠のテーマであり、大切なポイントは?

共働き夫婦の家事問題は永遠のテーマでしょう。

特に子供ができれば、女性の負担は増えてきますから、家事の分担を頼まれる男性は増えるでしょう。

男女ともできることをやればいいのですが、ではお互いに苦手な家事はだれが担当するのでしょうか?担当しないですむなんてことで生活はできないわけです。

だから、話し合いも大切ですし、お互いが譲り合ったり助け合ったりしなければなりません。とくに、会話力(コミュニケーション能力)は重要になります。

女性が①の場合は、常にうっぷんがたまっているので女性の気持ちを汲み取ってあげない限り、いつか爆発して離婚ということもあり得るでしょう。

男性は、②の女性を希望していますが、そんな女性は少ないですし、②でも許してくれるのは、男性に稼ぎがあるか、もしくは、とてもできた女性なのでしょう。大体は、①か③ですから、男性も女性を選ぶ時に、彼女はどのタイプか?を考えて、もしくは、目の前の彼女が①か③だとしたら、うまくケアをしていかないと、結婚できたとしても破綻することもありえます。

先日成婚退会されたカップルは、家事を1週間ごとに担当する、という制度を設けていました。分担制にすると、やっていないことが目についてしまうからだそうです。うちも夫に提案したのですが、それは却下されました。その代わり、仕事を頑張るから!ってことだったので、私はそれで良しとしました。

お互いにお互い、感謝を常に持って、生活していくことが結婚のポイントですね。