初対面(リアル)で仮交際が終了

先日、ある仮交際が終了しました。うまくいくかなーと期待していただけに、残念です。二人の出会いは、コロナ自粛真っただ中でした。ですから、お見合いもオンラインで行いました。

その後、何度も何度もオンラインでやり取りをしていました。お見合いから1ケ月半を経過して、やっと対面となったのです。初対面の前には、どんな服を着て行こうかなど相談を受けて楽しみにうかがったのですが・・。

やはりリアルも必須

初デートの報告は、なんとも残念な結果でした。思っていた印象より対面をしたら怖いと感じてしまったそうです。やはり、画面越しではわからないこともありますよね。以前、オンラインのお見合い注意点、問題点について記載しましたが、オンラインのお見合いでは、その人の体臭とか動きとかはわからないので、最終的には対面でジャッチすることになります。

コロナはいつ落ち着くかはわからないのですが、今回の事例をもとにすると、早いうちに一度は対面をして、その後またオンラインも使ったり、MIXしていくのがよいのだと思います。ずっとオンラインで良いイメージをもって進んでいたとしても、実際会ったら印象と違うということもあるでしょうから・・。そうすると数か月の時間がもったいないとも思いました。

いずれ対面しなければいけないのだとしたら、1時間でよいので、さくっとお茶をしてリアルを感じておくのは必要に思いました。

コロナは落ち着かないので、対応策を考えて行動

やはり自粛が解除されても、コロナが怖いと思ってしまう会員様はおられます。それは仕方ないことなので、対面してくださいとも言えないのですが、結婚を決めるのに、どこかで対面しなければいけないのだとしたら早めがよいと思います。このコロナは、特効薬やワクチンができるまでは状況に変わりがないからです。

マスクをして消毒を持ち歩き、喚起のよい場所で会って(例えば席は横並びとか斜め45度で距離を保つ)、終わったらすぐに化粧室で手を洗い、帰宅してすぐにお風呂にはいるなりして、コロナが顔につかないように徹底して、対面する機会を設けていただきたいなと思いました。

やはり、対面しないで、結婚は決められないので、この時代の婚活は、オンラインと対面をMIXしながら、うまく関係を繋げていただきたいなと思います。

最短で結婚したいなら、ganmiに面談予約を!オンライン・ZOOM面談対応中。

お見合い 結婚相談所