コロナに対する考え方は様々

緊急事態宣言が解除されました。自粛中は気を付けていた人でも気が緩みはじめているのでしょう。5月に対面お見合いを設定した方は、当然マスク着用を義務付けしました。飛沫が相手にかからないように配慮する必要があります。担当から指示だしされれば、お見合いの時はマスクをしますね。それは誰でも言われたことはできるというレベルで守るでしょう。

その先、仮交際に進んだ二人は、どのように進むのでしょうか?女性会員様より、相談の電話がはいりました。1時間ぐらい愚痴をずっと話していました。少しの気遣いでこの関係がスムーズに進んでいくのに、どうして大切なポイントを逃してしまうのでしょうか

仮交際中もお見合いと同様の気遣いは必須

どうしてお見合いの時には、きちんと対応出来る人なのに、仮交際になったら急にぼろがではじめるのでしょうか?2-3回くらいは、出会ったばかりの二人なのだから、気を使ってほしいものです。

今回、どんなことが話題にあがったか、箇条書きにします。

①初デート(お見合い後、初めて会う)にマスクをしてこない。
②予定していたお店が閉まっていた。

初回のデートでのマスクについては、担当から指示だしはないでしょう。もし指示だしがないから付けなかったというなら、それがコロナに対するご本人の意識なのでしょう。

自分の意識は、自分が生活する中でならよいでしょう。しかし、お見合い相手という、自分とは違う人がいる中では、意識は変える必要があると思います。道を歩けばマスクをしている人が多い、ニュースを見ればコロナの話題がでている中では、大多数の意見にあわせておくのが無難です。

期待してただけに、ショックが大きい

男女ともですが、お相手には期待をしてしまうものでしょう。とくに、お見合いの感じがとても良かっただけに落差に驚いてしまったようです。

たしかに、この時期にマスクをしないのはどうかと思います。宣言は解除されましたが、コロナが収束しているわけでもなく、かつ、お見合いではマスクをしてと言われていたのだから、仮交際中もマスクを着用するだろうと思いますが、やっぱりここも人の考え方は様々なのか、気がまわらないのか、というところですね。

自分は大丈夫だと思っていても、マスクを着用するのはマナーだと思います。ましては、友達ではないですし、知り合って間もなく気ごころがしれているわけではありません。

しかも、予定していたお店は、案の定閉まっている・・。事前に電話して確認しておこうとはならないものでしょうか?街を歩けば、まだまだ閉まっているお店もありますね。以前も記載しましたが、お店を予約しないということは、混雑していたら並ばなければいけない、お店を探すために歩かなければならない、ことになります。知り合ったばかりのお相手とずっと待ち時間を一緒に過ごすのは辛いですよね。

彼女は、本当にショックを受けていましたが、もう一度だけ会ってみて判断するようにアドバイスしました。

基本、結婚にいたらない男性というのは、なにかしらあります。それをどう受け入れていくかが婚活では重要です。結婚したって、問題はたくさんおきるから、婚活時に許容を広げておく必要もあるでしょう。常に問題がおきて、試されていて、それを越えられるかなんだから!って、笑いながら、終えました。

結婚したくて婚活している男性は、気遣いしてあげてくださいね。女性も許容を広げる努力をしています。( ;∀;)