元会員様がご友人をご紹介くださいました

先日、元会員様が、お子様とご友人と一緒に面談にお越しくださいました。この会員様は、過去にも3名ご紹介くださっています。

結局、ご自身は、プライベートで結婚したのですが・・そのプライベートの出会いが、なんとも不思議なご縁だったんですよね。お見合いで出会った方とデートしたお店に、退会してから、自分でも通うようになって、そのお店で出会った方と結婚したんですよ!ということは、彼女の場合は、結婚相談所で婚活したことが、今の旦那さんを引き寄せた、ってことになりますよね、笑。こんな出会い方もあるんだねってことです。

ご友人は悩み多き人でした

ご友人は入会をされました。しかし、片思いの人を吹っ切ることができずに苦しんでいる状態です。皆様、いろいろな思いで婚活を開始されます。でも、どんな思いで活動されてもいいわけです。本当は誰も好きな人がいないとか、フラットな気持ちのほうが、婚活をしやすいですが、みんながみんなそうではないんですよね

例えば、結婚相談所で活動していたって、プライベートで好きな人ができる人もいますし。結婚相談所だけが出会いの場所ではないんですから。とにかく、彼女には、一度やってみてご縁がなければ、それもまた自分の人生だと思って、生き方を定めるきっかけとしてお見合いをするようにアドバイスしました。

ご紹介者の元会員様の今は・・・

先に述べたように、結婚相談所でお見合いした人が紹介してくれたお店で、出会った彼と結婚したわけですが、出会いからは比較的すぐにご縁がまとまったんです。希望していたお子様も無事生まれて、それに関しては幸せそうでした。

しかし、旦那さんが、結婚後に転職をされてお給料が減ってしまったそうなんです。もともと、そんなに高くないお給料だったそうですが、もっと低くなってしまったということでした。私の本、『普通』の結婚が、なぜできないの?の、P172.173を読んで、きちんと働いて定収があるだけ立派、この言葉に彼女は救われたというのです。少し、目に涙を浮かべていました。旦那さんは、家族のために肉体労働も掛け持ちして、頑張ってくださっているそうです。健康で定収がある、家族のために淡々と働いてくれる、結婚は最低限これだけあればいいんだと、自分の心を静めたそうです。

結婚したって、ずっと人生が安定しているわけではありません。いつ仕事がなくなるか、いつお給料が減るか、いつ健康でなくなるか、そういったこと含めて、結婚です。彼女も、旦那さんのお給料が減った時、苦しかったのだろうと察することができます結婚とはこういうことも含めて、なんだと実体験をもって感じて、人として母として強くなっていったんだと思います。

これからも、家族3人で、幸せになるために努力をつづけていくのでしょう。幸せで居続けてほしいと願っています。