32歳の時に活動していた会員様はお母さんに

この会員様とは32歳からのお付き合いで、いま37歳になりました。人脈が広く彼女の紹介で、6名様が入会されました。その会員様達も、37~40歳くらいになってますね。

みんながみんな、結婚しているわけではありません。結婚して子供が生まれた方、結婚した方、独身な方。半分は結婚していない状態ですね。ちなみに彼女は、プライベートで結婚しました!

このスーパーウーマンと結婚と家事について語る

結婚した先は生活だし、恋愛ごっごしているわけにはいきません。とくに、子供ができれば負担が増えて、家庭を円満に進めていくのは大変なことです。男性の協力が不可欠というか、当たり前のこと。共働きなら、必須なのに・・・男性って、なんも考えてない人が多いこと、多いこと。

結婚して幸せですか?という問いに、「はい」なんて簡単に答えることはできない、いまは幸せでも、いつ幸せでなくなるかなんてわからないわけです。だからこそ、お互いに思いやりをもち、つねに感謝していく気持ちがないと、結婚生活はうまくはいきません。今の時代、3人に一人が離婚するわけだから、結婚=幸せ、なんて簡単なことではないですよね。このスーパーウーマンは、経営者でもあり、二人の子供がいます。そして、綺麗好きだから部屋も綺麗にしているわけです。だからこそ、夫に対して不満がいっぱい笑、夫の怠惰な部分が目に付く。毎度会う時には、愚痴と、結婚とは何か?夫婦とは?なんて話で盛り上がります。

名もなき家事が多いこと(笑)

彼女に会う前に書店に立ち寄りましたら、この本があったので、ちょっと買ってみました。彼女が夫の愚痴(家事をしない)を言うのがわかっていたからです笑。

仕事をしている妻の一番の不満は、夫が家事をしない、人として当たり前のことができない、ということなんです。家事って、どのくらいの種類があると思いますか?料理・洗濯・掃除・買い物、こんな簡単な言葉で言い表すことができないほどあるんですよ。是非、男性会員様には、読んでほしいと思います。この本は、男性が書いているのですが、当たり前ですがこういう細かいことにも目を届けられる、素晴らしい方です。しかし、世の中の男性は、本当に女性が家事をどのくらいしているか知らない!んです。

共働きを希望しているなら、この本は読むべきだ!と思います。面白い内容になっているので、簡単に読めます。こんなにこんなに、家事ってあるんだ、とまずは知ること、そして、奥さんに感謝することです。やってもらって当たり前、なんてことはないんですよ。

そして、私が女性会員様に伝えていることは、男性が一人暮らしをしているからといって、家事ができると思うなよ、ってことです。一人暮らししていたって、外でご飯を食べて、汚部屋に住んでいる男性なんてたくさんいるのだから・・。

共働きなら総菜でいいと言えるのか?というブログを記載しましたが、男性会員様には、料理ができないのなら、総菜でいいよ、くらい言えないと、結婚したら、女性が料理を作るなんて、思うなよ!ってことです。まあ、私は、女性には、料理は作れるようにしてね、とはアドバイスしてるんですけど・・・。

男女とも、結婚することを甘く考えていると、辛い~結婚生活になります。そもそも、結婚は、一人できちんと生活ができる人同士が、一緒になるもの、と思いましょう。誰かに何かを補ってもらおうとしている時点で、結婚してから、齟齬が生じて、不幸になることでしょう。金銭的にも、家事的にも、自立した同士が一緒になって家庭を作っていくのです。

やってもやっても終わらない名もなき家事に名前をつけたらその多さに驚いた。