生涯未婚率の比較

生涯一度も結婚しない人の率を表す、生涯未婚率。男性は、20.1%、女性は、14.7%。これが医者という職業では、男性は、14.7%、女性は、18.9%。(50歳時点の未婚率 総務省)

女医に限っては、未婚率が上がるらしい・・んですね。以前、活動していた女医の会員様も、同じことお話されていたのを思い出しました。

結婚相談所においては、少し傾向が違うかも

ただ、結婚相談所という出会いにおいては、資格職は人気になります。同じ年齢の会社員と資格職なら、資格職を選ぶ、選ばれるのも優位だと思います。しかしながら、やはり女医が望むものも高いので、なかなか結婚にいたらないのでしょうか・・。

当社は、女性の医師の登録も比較的多いかもしれません。だいたいは当社の入会条件34歳までに登録されていますので、比較的結婚になりますね。先日も女医が成婚しましたし・・第一次結婚適齢期で活動すれば、比較的ご縁はあるのではと思います。あとは、理想を上げすぎないことですね。彼女も男性会員様よりも年収も高かったです。でも、彼女は世の中の平均を認識できていましたので、気にしませんでした。自分より学歴もあって、年収も高くてとなると、なかなかお相手は見つからないものです。**;

女医と結婚した男性会員様もいる

逆に、女医と成婚した男性会員もいました。当然、プロフィールでも医者とわかっていて、お見合いをしたわけです。会社員の方ともお見合いをしていましたが、たまたま、女医と結婚になりました。女医であっても、比較的控えめな感じの女性でした。ただ、蓋をあけてみたら、男性の年収の2倍稼いでいたことが発覚!

男性から結婚指輪と婚約指輪の相談をされたときも「彼女、結局自分で買えちゃいますもんね」と、ぽそっと言ってました笑。でも、男性からいただけるのは嬉しいし、重みが違うので、それはそれでいいじゃない、と励ましたし、女性が稼いでくれてラッキーと思えばいい、とアドバイスしたことを覚えています。

この女医からしたら、当社の男性会員様は、自分の年収よりも当然低いわけですが、それでも、彼を選んでいるわけですよね。女医よりも年収を稼げる方も少ないので、女医はそのあたりを認識していれば、ご縁はあるはずですよ。