婚活の現場は、いままでにないピンチ

新型コロナウィルスの流行で、婚活の現場は、いままでにないピンチに陥っています。事業者はもちろん、一番困っているのは、現在活動されている人でしょう。

先日、連絡先交換(仮交際)からどう進めていいのか?を、現代マネーの依頼で、コラムとして記載しました。

ただ、実際に連絡交換するには、お見合いをしないとなりませんね。現場では、ZOOMお見合いを積極的に設定していくようになりました!

ZOOMお見合いって実際どうなの?

ZOOMを積極的に活用する会員様もおられれば、対面を希望される方もおられます。会員様によってお考えがあるので、どちらがベストかというのはありません。

ただ、実際に、ZOOMお見合いをされている方は、どうか?というと、とくに問題なく、会話をされて、連絡交換(仮交際)に進まれています。私の考えとしては、ZOOMで早めに会話をしておけば、自粛解除になってからも、進展は早いように思います。

自粛明けてから、対面でお見合いをして、その後、連絡交換される方よりは早め早めに関係構築ができているからですね。ZOOMお見合いして、あわないなと思えば、次の出会いも探せるわけですから。

ZOOMは使用したことがないから不安!

ZOOMの利用が得意な方というは、そもそも仕事で使用している方、そういう仕事環境におられた方でしょう。仕事で使用したことがない、業務上関係なさそうな方は、抵抗があるかもしれません。

ただ、意外に、慣れてしまえば楽です。ZOOMですと、ほんとに気軽に、移動時間も省けるので、とてもいいなと感じている次第です。

しかし、触ったことがないから不安という方には、ZOOMお見合いの前に、ZOOMテスト&面談を行っています!それをクリアできれば大丈夫でしょう。

本日も2件、男性会員様のテストを行いました!

あとは、ZOOMお見合いは、基本短時間で進めるということになっていますので(現時点)、会話で何を確認しておくべきか、ポイントは絞っておくようにアドバイスしています。そのほうが、短い時間の中でも、スムーズにお話できますからね。

積極的に活用して、ご縁を育んでいただければと思います!