以前、婚活メモメゾットを試してみた会員様は・・

数ケ月前、婚活メモメソッドを試してみたシリーズ1の会員様は、今無事に正式交際に発展し、交際を続けています。このままうまく進めば、夏には成婚でしょうか・・

この時、お相手からは積極的にアプローチされていましたが、気持ちが整理できずにいた会員様は、自分の立ち位置をメモに取り、改めて冷静に分析することによって、見逃してしまいがちな縁を見直していく作業を行いました。

今回は、別の会員様が婚活メモメソッドを試してみた

当社の女性会員様には、お見合いでの出会い、もしくは、プライベートの出会いも含めて、メモを取るように伝えています。『普通』の結婚が、なぜできないの?を購入してくださった会員様は、実践している方が多いです。しかし、婚活メモの取り方にも落とし穴があります。

基本、婚活メモはおこった事実、思ったことを事細かく記載していくのがポイントなのです。気分のむらがあったりして冷静になれてないことも、あとで振り返ると冷静になって判断できたりもします。

しかし、逆に、気分のむらが優先してしまい、メモを取り忘れてしまい、ごっそり抜けてしまっていることがあるんです。先日面談した会員様は、あるお見合いのことがごっそりと抜け落ちていました。どうして抜け落ちていたかというと、他の人の関係についてぐるぐると考えていて、そのお見合いに集中できてなかったと言うのです・・。そして、メモをしていないと。それだと、冷静に分析できませんね。せっかく途中まではきちんとメモをとっていても、ごっそり抜けてしまっては、その時に何が起こっていたか忘れてしまうものです。

婚活メモメソッドのポイントは?

とにかく、細かく書くことがポイントです。書いたり書かなかったりすると、大切な部分がごっそり抜けてしまうこともあるでしょう。すべて記載できなければ、ある事項だけは、きちんと書いておこうと決めるとよいでしょう。

たとえば、お見合いした相手の評価、事実、自分の気持ちだけでもいいです。これだけは必ず逃さず記載する、と決めるとよいですね。会話が苦手な人であれば、お見合いとデートしたときの会話だけは、すべて記載しておくでもいいでしょう。

本当は、すべての項目を網羅するのがよいのですが、文字を書くのが苦手な人や続けることが苦手な人だと、途中でやめてしまうものです。だったら、一つの分野だけでも徹底して記載しておくとよいでしょう。あとは、冷静になって、振り返り、分析してみることですね!

『普通』の結婚が、なぜできないの?