自分の気持ちがわからない時こそ、婚活メモで冷静になって

先日、成婚した会員様もそうですが、結婚相手を決める時には悩むものです。それは当たり前のことでしょう。

好きとか嫌いとか、感情の整理が必要な人もいれば、結婚の条件で悩む人もいるでしょう。

また、相手から愛情をもらっていても、自分の感情がついていかない人も多いですよね。だからこそ、こんなに独身が増えているわけです・・

さて、ここで大切なことが、「結婚」したいとは思っているが、思っているだけで、気持ちがついてこない、ぐちゃぐちゃしているときこそ、今起きていること、相手のこと、自分の感情など、すべて書き出すのです。そうすると、そこから課題が浮かび上がり、解決に近づける場合があります。

自分の立ち位置と相手の立ち位置を比較してみた

『普通』の結婚が、なぜできないの?は、結婚においての普通の定義を伝えつつも、重要なことは、自分の婚活をメモをして振り返ることです。

会員様は、本を読んでくださっていても、やっぱり、内容を自分のことに落とし込めていない、忘れてしまっている(笑)んですよね

先日、新規入会した会員様も、本を読んでくださっているのに、男性にアピールしてはいけない注意点を読み漏らしており、プロフィールに記載をしていました。

「あれ?私の本にこれ書いてあったよ」と言うと「読んだはずなんですが・・」ということになっていたり、いまご縁について悩んでいる会員様も、頭の中では分かっているつもりなのに、それが活動に生きていませんでした。

だから、本を再度読み返して、婚活メモをつけてみて、とアドバイスしました。

婚活メモからこんな効果が!ある会員様が婚活メモを取ってみました!

「〇〇さんについてノートに書き出したのですが、書き出すと私の理想の条件にぴったりすぎるくらいでした。わたしのほうが市場価値が見合ってないと思います。(*´-`)今週会うのですが、そのときはもっと結婚観とか聞いてみたいと思っています。まだ気持ちに波がありますが、思ったことノートに書いていきたいと思ってます。」
実際メモしてみると分かるのです。相手のことばかりに気がいっているけど、自分のことは置いてきぼり、自分の立ち、市場評価は?そのように考えていくと、目の前にいる方が、よく見えてくるでしょう^^
そんなことの繰り返しを行っていけば、見逃しがちなご縁に気づけるんです。
この会員様が、きちんと整理できれば、成婚になるかもしれませんね!