なぜ、妻に先立たれた夫は、半年後に亡くなるのか?

内田裕也さんが亡くなりましたね。樹木希林さんが亡くなってから、半年・・そして、津川雅彦さんも長門裕之さんも、奥さんに先立たれてから、すぐに逝かれたという印象です。

そうはいってもどの俳優もオンナ癖が悪かった印象ですよね。若いころはいろいろなことがあったでしょう。それでも、夫婦としてやってきました。そして、妻に先立たれて、喪失し気力もなくなり、歳もあり、後追うように逝ってしまうのでしょう。

結局、愛人よりも本妻

いくら女遊びをして、妻を泣かせてきても、結局、結婚という制度によって、結ばれている妻の存在は大きいのでしょう。夫も言っていましたが、愛人を亡くして、後追って逝く男はいないよな!とのこと。たしかに、愛人に先立たれても、そんなに落ち込まないのは結局愛人は愛人だから。夫婦の時間の流れと時の重さと、愛人の時間の流れと時の重さは違うと思います。(愛人と寝食生活をしていたなら別)

結婚して絆がやっとできて夫婦となる

結婚は制度です。恋愛と結婚は違う、結婚は制度ですから!とブログなどで何度もお伝えしています。そのくらい、結婚というのは、独特なもので、いつまでたっても明確な定義があるようで、ないような、不思議なものです。

だから、結婚したからって夫婦になれるわけではないんですよ言葉では夫婦になれますが、絆がある夫婦・家族なんて、すぐには完成しません。そんな簡単なことではないからです。結婚したからって幸せになれる、結婚=幸せ、が違うのと一緒。

すればいいって話じゃない。人生なんて山あり谷あり、それを乗り越えて乗り越えて、やっと絆ができてかけがえのないものになるんだと思います。

先日、成婚者さんからメールをいただきました。

「二人で生活し始めてみると、いろいろと当たり前だと思っていることが違っていて、なかなか大変ですね。」

そうなんです、大変なのです。

結婚って、違う者同士が、どうやったら生活を折り合いつけてやっていくか、試されるものだと思います。結婚は修行だとよく言われますが、修行だと結構つらいので、それだと結婚したくないな~って思ってしまいますが、違う二人がどうやったらスムーズに生活できるようになるか試されているもの、という感じでしょうか・・。それを楽しめてできるならベスト。

成婚者さんも、これから絆を深めていきながら、夫婦になり、幸せを作っていく、まだまだスタート地点ですね。