真剣交際にぞくぞく発展

現在、仮交際から真剣交際進んでいる会員様が多く、サポートしていてこの瞬間がわくわくする時でもあります。9月~10月には複数名、成婚の予定です!

ここで、会員様から素朴な質問がでてきます。仮交際から真剣交際に発展したら、その後、どうしたらいいのか?ということです。プライベートの出会いでお付き合いされた方は、様々なシチュエーションの中で、結婚感とか話をされてきて、プロポーズする、いただける可能性が高いですよね。しかし、お見合いの場合には、期間が短いということで、どんなタイミングで話をしていけばいいのか悩んだりもするでしょう。あとは、以前記載しましたが、結婚相談所で出会ったから、結婚前提だと思って、もろもろすっとばしてしまう人もいますが、だいたいの流れはこんな感じで進みますので、覚えておいてください。

仮交際と真剣交際の違いは?

仮交際とは、まだお見合いも平行できますし、デートして確かめ合う関係の人が複数いる場合があります。これはお互い様であり、この期間に、相性があうかなど確かめあうものです。これはプライベートの出会いでも一緒ですよね?だから、会話も軽めのものも多いでしょう。しかし、段階がありますから、軽めの会話からはじまり、自分を選んでいただくために、結婚相手としてみてもらえるような言動を行わなければなりません。居心地が良い人だと思われるのか、気を使える人と思われるか、空気が読める人と思われるのか、なんてことを考えながら動く必要があるでしょう。男性なら、できるだけスマートにお店を選んであげるとか、優しさ、女性なら、母性とか居心地の良さを提供できるか、なんてことを常に頭にいれて行動するのです。

その中で、この人と結婚したいなと思われた場合には、次のステップに進むことでしょう。どちらかが告白したり、担当が間にはいってフォローすることもあります。そして、真剣交際というステップに進むわけですが・・・ここからどう進めたらいいのか?の質問が多くありますので、だいたい真剣交際に入る時は、お電話で直接相談を受け、指導しておきます。

真剣交際中に最低限確認しておくこととは?

真剣交際とは、1対1でのお付き合いです。プライベートで言う、僕たち私たち付き合ってますよね、という状態です。そして、結婚相談所の出会いですから、結婚が前提にあるお付き合いというかたちです。いままでの仮交際とは違いますから、もっと言動も変えていく必要があります。

たとえば、結婚に際して確認しておきたいことといえば、お金のことや、健康のこと、ですよね。これは、必ず確認するべきことだと言えるでしょう。結婚するには、少なからずお金が必要になります。指輪はどうするのか。挙式をどうするのか。住まいはどうするのか。全部お金がかかわってきますよね。ですから、その摺合わせが必要でしょう。以前あったのが、仮交際中に貯金額を確認している女性がいて、さすがにそれは・・・早いよ、と指摘したことがあります。笑。

しかし、真剣交際になれば、そういった話をしておかないとなりませんよね。遊びで付き合っているわけではないですし、結婚は生活ですから!それを忘れてはなりません。お金のことが原因で、破局したカップルもあたり前ですが、存在します。だから、当方では、婚活時、結婚相手を探すだけではなく、自分の生活も見直すようにアドバイスもします

そして、健康面ですね。これも、現在の状況は確認しておくべきです。もちろん、先のことは誰も分かりません。健康だった人が、ある日突然、病気やケガになることはありえますが、それでも確認しておくべき事項です。健康診断表を見せ合うとか、確認しておきましょう。

その他、共働きなら、どのあたりに住めばいいかなどもあるでしょう。結婚は女性が男性に沿っていくものと思われがちですが、いまは時代も変わりました。共働きであるなら、女性も主張できるでしょう。とくにキャリアがあり絶対仕事を辞めない女性にとっては、住む場所もかなり重要です。ここで譲り合いができない人となら、結婚しても女性は苦労するだけになります。だからこそ、真剣交際になったなら、確認しておくべき項目だと思います。

そういうもろもろの、結婚するにははずせない項目はある程度擦り合わせてから、男性はプロポーズしてください。女性もそういう話がないのに、感情だけでなんてプロポーズをお受けしません・・。

それだけ話し合ったって、価値観というのは相違があるのが当たり前なんです。ですから、真剣交際中に確認しておく最低限のことは確認したり話し合いをするのが、この真剣交際のステージでは必要です。

秋になったらぞくぞくと嬉しい報告があるだろうといまから楽しみです!