結婚相談所は結婚させてなんぼだから!

私が婚活業界に携わったのは、いまから14年前です。その頃というのは、当たり前に、入会金があり、月会費があり、お見合い料があり、成婚料があるという料金体系でした。この細かい項目が多いことに、事務作業が煩雑でした。以前勤めていた結婚相談所では、担当もミスするし、経理もミスはするし、人だからミスはあるでしょうが、このミスは会員様に迷惑をかけることになります。

でも、ganmiの代表になった時には、その細かい事務作業を撤廃したいと思いました。だって、結婚相談所は、成婚させるのことが仕事であって、事務作業に労力を費やしたくないからです。当社は、全てにおいてシンプル。もちろん、大企業になれば、書類、報告書、たくさんの書類仕事があって当たり前ですが、それこそ大企業病になってしまいます。

面談に来られる方にはお話していますが、大手結婚相談所では、事務作業に忙殺されてしまう現実をお伝えしています。私は、電話相談も仕事で行っているため、大手結婚相談所のカウンセラーからも相談があり、大手の現実も知っているからです。事務作業に追われて、会員様のサポートができなくなるんです。例えば、私も大手結婚相談所に勤めたら、同様に大企業病になり、会員様のサポートができなくなるでしょう。だから、大手結婚相談所が悪いとは言っていません。誰もが事務作業に追われることでしょう。

自由にできる会社なら、シンプルに成果主義

会社としては、当たり前ですが、入会金をいただきたいですね。初動に時間を要するし、会社というのは、人件費が一番のコストとなるからです。しかし、先に述べたように、私のポリシーとしては、事務作業や事務作業に伴うミス、また、中途退会等の事務処理に時間をかけたくない要するに時間を取られたくないわけです。

その分、会員様のフォローにかけたいし、当たり前ですが、自分が一番スムーズに仕事を行いたいわけです。仕事に忙殺されるだけなら意味もない、結果をだして、自分も余裕をもって生きる人生でなければ、独立した意味がないと思っています。

結果が全てだから、業界初、成果報酬主義、実力があれば成り立つ

ただし、結果を出した時には、成婚料はいただきます。当社は、入会金がないからこそ、成果が出た時にはきちんとした成果報酬としていただき、結婚できていない人とのバランスをとって、相互扶助で会社が成り立っています。先日、ご入会した男性もこのシステムに、面白いとビックリしていました。

結果がでたら、成婚料は払っていいという方はいるけれど、最初にお金がかかるとどうしても、結婚相談所にさえ入会しなくなる人もいます。その人たちが、婚活アプリに流れてしまうのはもったいない、だって、結果がでるなら支払っていいとは思っているのだから

本当に実力があれば、成果報酬型で成り立ちます。余計な事務作業を撤廃し(契約書類等は必須)、会員様のサポートに時間を使う、そして、当社はお見合いも数に制限を設けています。これにも理由があり、『普通』の結婚が、なぜできないの?にも記載しています。お見合いの最繁値は、5-9件(約10件)です。

お見合いし放題にしたりすれば、会員様はお見合いをし続けてしまうし、お見合いを設定することが私たちの仕事になってしまいますそれは、違います。結婚できる人は、出会いを多くは求めません。出会えた中で、結果をだしていくように考え行動することが婚活です。

出会いだけを求めているなら、大手結婚相談所や婚活アプリで十分です。

入会金を無料にした時に、同業からはいろいろな意見がでたようですが、当社は高い成婚料がかかります。ですから、成婚される会員様は、入会金を支払ったと同等な料金は結果として支払うことになります。結果がでたのだからです。そんなことは考えればすぐにわかることです。会員様は何をしたいか?、結婚相談所で活動するのだから結婚をしたいわけです。

当たり前ですが、ボランティアで仕事をしているわけではないですから、結果を出し続けていくことが、自分の報酬となる、このシンプルな業態でやっていくことが、自分の身を引き締めることにもなります。

当社は、9年問題なく営業を続けることができていますし、成果をだしていることによって、本を出版出来たり、全てのことがきちんと繋がって会社として結果がでています。

ちなみに、私が代表を兼務している異業種交流会も、シンプルなシステム。仕事は結果を出してなんぼです。