結婚相談所だからこそ、スピード感があるのか?

無事入籍したと、成婚者さんから連絡がはいりました!この二人は出会ってから2ケ月半で入籍しました。結婚相談所だからこそ、スピード感がありますが、結婚を前提で出会った二人なら、婚活アプリだってスピード感たっぷりで進むこともあります。

現在、婚活アプリ(ペアーズ)で出会ったという会員様も、スピード感たっぷりで関係が進んでいます。親への挨拶と、両家の挨拶と、間隔を置くことなく進んでいます。あまりにも順調で不安もあるようですが、タイミングを逃さず進んでほしいものです♪

スケジュールがわからないという人に向けて

結婚したい!と思って、出会いを探すわけですが、出会ってうまくいきはじめると、進め方がわからない・不安になってきたという方がいますので、ここで流れについて記載しておきます。

これは結婚相談所だけではなく、プライベートの出会いでも共通しますので、覚えていてください。あと、両親が遠方にお住まいだとか、地域の伝統があるとかで、前後することもありますから、その場合には、お相手と相談しながら進めましょう。

この段取り、順序で進みます!

プロポーズがあれば、お受けします。たまに、プロポーズがなく、なんとなく結婚に進んでいくこともあるので、ここはカップルによってです。ただし、女性はプロポーズを待っていますので、男性は必ずしてあげてくださいね!

その後は、まず、女性の親へ挨拶となります。その後、男性の親へ挨拶となります。これが一般的と言われていますが、先ほど記載しましたとおり、女性の親が遠方で帰省のタイミングない、などの場合には、臨機応変に対応しましょう。ご挨拶の場所は、自宅が多いですが、まれに、ホテルのラウンジで親に挨拶している方もおられます。

次は、両家の顔合わせとなります。両家顔合わせは、お互い都合がよい場所で、ホテルのお店などがよいでしょう。先月成婚退会した方は、関西に男性様のご両親がお住まいでしたので、中間の中部地方で行ったとおっしゃっていました。

無事に両家の挨拶がすみましたら、あとは、入籍日を決めます。これは、正直、様々なお気持ちでされるので、何が正しいというのはないでしょう。次の誕生日の前に籍を入れたい人もいれば、記念日に入れたい人もいたり、暦をみて決める人もいるでしょう。

女性様に伝えているのが、できれば籍をいれてから、引越しはしたほうがよいと伝えています。引越しが先だとすると、書類の提出等が面倒になることがあります。引越しが先で、銀行や会社への提出書類等変更して、また数ケ月して、名前が変わると手続きが大変ですよね。ですから、籍をいれてから、名前を変えた上で、引越ししたほうが楽と言えるでしょう。ただ、正解はないので、お互いに都合がよい順で進めてくださいね!

1 プロポーズ
2 女性の親へ挨拶
3 男性の親へ挨拶
4 両家の顔合わせ
5 入籍
6 引越

会員様が頑張って婚活されて、結果として、無事結婚されて幸せです♪