真剣交際の重要性

結婚を目指す出会いにおいて、どのシチュエーションも手は抜けません。でも、人って、いつまでも頑張れないのか、安心してしまうのか、手を抜き始めるものです。

実は、この手を抜かない、継続できる力があるかで、結婚できるか、結婚しても幸せになれるかが変わってきます。真剣交際とは、結婚相手としてこの人でよいのか、いい夫になりそうか、いい妻になりそうか、ジャッチされる最終段階です

男女ともにですが手を抜かないこと

クリスマス近くになりましたので、1点、忘れられないエピソードがありますのでご紹介します。真剣交際に発展した女性会員様から、嘆きの相談がはいります。男性に、クリスマスのお店の予約をするよう頼まれた・・と言うのです。

真剣交際して初めてのクリスマス。そこまで夢見る夢子じゃなくても、ある程度は素敵なクリスマスを過ごせればと期待しますね。いつもよりも気合をいれて、素敵なお店を予約したり、クリスマスプレゼントを準備したりもするでしょう。

しかし、男性から「お店の予約しておいて」と言われるわけです。男性が予約するのが絶対とは言いません。しかし、何年も付き合っているカップルではないのだから、初めてのクリスマスのお店の予約くらいしてあげればよいでしょう。女性は、テンションが駄々下がりで、付き合いを考えてしまったわけです

仲介にはいり、うまくフォローして無事に事なきを得ましたが、急に手を抜き始める(慣れる)ことは決してよいことではなりません。男性は、何の気なしに予約を頼んでしまっただけのようですが、少しは気をまわしましょう(-_-)

ですから、現在真剣交際している男性にも、慣れがよいことではない、クリスマスは絶対手を抜かないでとアドバイスしています。

結婚しても手を抜かないことで生活を豊かにする

目的とされる結婚にたどり着いたとしましょう。日々淡々とした生活ですから、初心を忘れてしまうことなんて多々あります。そして生活には慣れますから、飽きるという現象がでてきます。

私も、結婚生活に飽きたと夫に言われます(笑)。この飽きたとは悪い意味ではないのですが・・。ただ、ほんとに日々生活なので、飽きるんです。でも、年に数回の記念日だったりは忘れないで行うことで、日々の生活に少し潤いをもたせている感じでしょうか。

記念日も多すぎると疲れますが、たまの記念日に、お互いに向き合い思い出を作ることで、生活を豊かにしながら継続していくことが大切かもしれません。

その時には、少し男性が頑張って、素敵なお店を予約するなりしてみましょう。女性は、いつになっても大切に扱ってもらいたいと思っているものです。結婚してからも、幸せに居続けるためには、”手を抜かない”心に留めておいてください。

心