年収300万円台以下は、存在なしとみなされる

男性に希望する年収、最近の調査では、400万円台からという女性も多くなってきているということ。やっと、現実がわかってきたのかなと思ってはいますが、結婚相談所では少し動きが違うように思います。

『普通』の結婚が、なぜできないの?の冒頭にも記載したとおり、独身の男性のうち、実は300万円台は大勢存在しています。でも、そういう方は、結婚相談所に登録できなかったり、婚活に力をいれないので、婚活市場にはでてきません。なんと女性達の中で、”存在なし”と、思われているのです。でも、独身男性というのは、そのような年収の方もいれての総人数となります。

男性の求められる年収は?

冒頭に記載したとおり、400万円からと言う女性もでてきましたが、やはりラインとしては、500万円はほしいと言われます。ある、30代前半の男性は、入会当時、480万円くらいだったと思います。ルックスも学歴もバランスがよかったのですが、やっぱり、それほどお見合いは組めませんでした。

しかし、年収があがり、500万円台にのったとたんに、お見合い設定率が上がりました。なんとも、これが現実というか、男性自身もこれだけ年収がみられるのかと、ビックリしていたのを覚えています。それほどに、女性はしたたかに年収をみてくるんですよね。

次の段階は、年収1000万円。

ある男性は、外資系にお勤めで、年収900万円くらいでした。高身長で高学歴でしたから、お見合いは問題なく設定できました。順調に年収も上がっていく方だったので、ある時1000万円を超えたんですね。そしたら、急にお申込みが増えたのです。正直、この男性は、なんだなかな~って、ため息をついてましたね。これほどに、年収でみてくる女性が多いことに、嬉しいではなくため息交じり。

でも、それでお見合いが組める率はさらに上がったわけなので、それも込みで、やっぱりお見合いなんだとも思います。

ここに登場してきた、500万円台の男性と、1000万円台の男性は、無事に結婚へとなりました。

しかしながら、やはり時代は刻々と変わっています。今時点、この年収を稼げるからといって、それがずっと続くわけでもなく、コロナの時代はとくに顕著に年収が乱高下するでしょう。そういうこともあると認識した上で、女性も経済的自立はしながら、共に支えあうような関係を築いていけるとよいでしょう。

お見合いをしたいと思ったら、ganmiに面談予約を、オンラインZOOM面談も対応中です!

『普通』の結婚が、なぜできないの?

婚活 結婚相談所 ganmi 三島光世 普通の結婚がなぜできないの 婚活本