電話じゃないと伝わらないこともある

以前、会員様がご縁を育む時に、メールやラインを使用することが多いけど、大切なことは時に電話で話したほうがよいということをblogに記載しました照れ

結局、結婚は人間同士の関わりなのだから、いつまでもラインやメールだけで関係構築はできないし、文字は送り手と受け手の感じ方が違ってしまうこともありますガーン

だから、最初はラインやメールでのやり取りでよいのですが、電話もしながら関係構築したほうが進展も早いのです。スピード結婚する人は、電話していることが多いですハート

ご縁を繋ぐ仲人はどうなのか?

さて、ここからが本題です。

皆さんのご縁を繋ぐ私たち結婚相談所では、よほどのことがない限り、電話をしないようにという暗黙のルールがあります!!

私がこの業界にはいった頃は、電話で話したこともかなりあったのですが、業界全体が電話を使用しない方向に進んでしまっています。

副業で仕事をされる人が増えたり、リモートワークで仕事をする人が増えたりした結果、緊急のこと以外は、システム(文字)に残してやり取りすることを推奨されるようになりました。

たしかに、文字に残すことは大切です。なぜなら、聞き間違いなどを防ぐためにも、何を伝えたか、どう返答したか、記録に残すことで、忘れないようにできます。(そして相手の時間をむやみに奪ったりもしない・・)

ただし、文字だけですとニュアンスが伝わらず、意思が伝わらないことがあるのです。とくに、人のご縁を繋ぐ仕事ならなおさらです。なぜなら、人には心があり感情があるので、文字だけで表現することはなかなか難しいのですアセアセ

電話できないことで意思疎通が取れない

先日、真剣交際中の会員様のサポートをしていた時のこと。込み入った内容で、どうしても電話で詳細を伝えたいと思いました。(会員様もそれを望んだ)

しかも、できるだけ早めの対応が必要なものです。私は、速攻で先方の結婚相談所へ電話をします。しかし、不通・・です。その後、システムを介して文字で連絡がはいり、電話することができるのが翌々日と言われたのです。

これってどう思います??

ご縁って生き物なんですよ。いますぐに対応しなければいけないことも時にあるのですガーン

そこで、仕方なくシステムから文字にて連絡をいれます。ここで起こることは何かと言いますと、こちらが伝えたニュアンスと受け手のニュアンスが違っており、会員様にもニュアンスが違って伝わっているのです。

そういうことを防ぐために、電話って大切なのです。

人のご縁を繋ぐのですから、本当に大切なことは、話をしないと伝わらない、時代が変わろうとも、リアルはとても大切なことだと思います!!

当社の会員様も、先方の相談所に不信感をもってしまいますよね・・。大切なご縁をまとめる仕事なのに、電話が通じないなんて・・。

効率よく仕事する、サポートする、システム(文字)は便利ですが、やはり話すことで対応がスムーズになったりすることもあります。

自分の所属結婚相談所が、電話対応してくださるところかは、入会時に必ずチェックしたほうがいいと思います。ほんとにたった少しのことでご縁って変わってきますから、きちんと対応して下さる結婚相談所を選んだほうがよいでしょう。

年明けには婚活をはじめたい場合には、ganmiに面談予約を、オンラインZOOM面談も対応中です!

婚活みなおしキャンペーン中です。

結婚相談所ganmi三島は、婚活初心者専門コンサルタントとしても活動しております。
下記は、blogです。初心者の方は、是非参考にしてください。

悩める婚活者のための参考書ブログ

youtubeでも婚活アドバイス
細かすぎる婚活初心者アドバイスチャンネル

1400名突破、引き続き、発信していきます♪登録お願いします!