出会いの連絡ツールは何が主流?

出会いの連絡ツールは、ずっと前は、電報(古い・・)→固定電話→携帯電話→メール→LINE等に変化してきました。LINEは、大体の方がインストールをしているのではないでしょうか?

LINEはやり取りが簡単!でも簡単便利なものには、メリットだけじゃないんだなと改めて思いました。

仕事でもLINEが主流になったけど

結婚相談所でも、会員様とのやり取りに、LINEを導入しているところが多くなってきましたね。なぜなら、簡単に会員様、お客様と繋がれるというメリットがあるからです。

でも、会員様のフォローにLINEを使用することのデメリットも考えられると思います。

LINEには既読制度がついてますね。この既読制度というが、人の心を惑わせるものなんです。

既読になっているのに、返信がない!など心を惑わせるツールでもあるから、厄介なんですね。よく会員様からも「仮交際の方に連絡して、既読になるけど何も連絡がない、何日待った方がいいの?」という質問を受けたりします。これって、惑わされている証拠!

当社がLINEを使用しない理由

以前、新規面談方に「サポートで使用するツールは何ですか?」と質問されたことがありました。

ここで、「LINE」と答えるべきが正解なのでしょうが、当社ではLINEは使用していません。

LINEをしなくても、急ぎであれば電話も出られるようにしていますし、緊急メールもありますし、早急に返信しています。

会員様にも、そのお約束の範囲で活動していただける自立心のある方を望んでいるからです。いつでも、どこでも、自分が困った時に、誰かが助けてくれるわけではない、自分でどう立ち回るのか、考える力だったり、忍耐力だったりが婚活と結婚には必要だと思っているからです。

そういったことをきちんと理解して下さる方はご入会下さいます。先の質問をした新規面談者の方は、ご納得いただいて、複数の結婚相談所から当社を選んでくださいました。

「LINE」は、いっけん良いツールに見えるのですが、相手を縛ってしまうツールでもあると感じています。また、個人情報の観点からも、今回このようなことが明るみになり、一層LINEでやり取りする怖さを感じました。

例えば、おはよう・おやすみ、とか、大した内容でないなら問題ないのですが、婚活では個人情報のような深い内容もやり取りするので、漏えいは怖いですね。

あれだけ、文春にLINEの内容が流出するわけなので・・・( ;∀;)自分は大丈夫だと思ってしまう人間の心理は、本当に注意するべきです。

簡単で楽なことでも罠もある、これは、どんなことにも言えるのだろうと思います。

ちなみに、婚活初心者専門コンサルタントとしての業務では、LINEを使用しています。このLINEは、個人的にやり取りするものではなく、告知案内をさせていただくためのツールとして使っているだけですね。

なんでもそうですが、メリットだけ、ってことはありえません。自分できちんと考えて、安全なツールでご縁を育んでくださいね!