婚活は誰かと向かい合うこと

婚活は、楽じゃない!性格や受け取り方もざまざまあって、ポジティブな人だとお見合い自体を楽しめちゃう!出会いだから、傷つくこともあるだろうしと、割り切れたりもします。

でも、婚活をされている人は、比較的ネガディブというか心配性というか、そういう人が多い傾向です。

だからこそ、少しのことでも傷つきやすい人が多いように思います。でも、傷つくことってのは、時に必要だと私は思っています。

傷ついたことによって、物事の捉え方が確実に変わっていくからです。それは、マイナスの感情ではなく、プラスの感情にいずれは変えることが出来ると思います。

なかなかプラスの感情に変えることができない人っていうのが存在はしてるんですが、傷つくことなんて当たり前で、これは考えても仕方ないことだよね、とわかってきたりするのです。

これは傷つき、その傷の程度がわかってきたから、何度か繰り返すと慣れてきたりして傷つかなくなるわけなの。だから傷つくことはある程度は必要なわけ、と思います!

逃げたらそれまで!

傷つくことや自分と向かいあうことは、めちゃめちゃ辛い。でも、そのことから逃げている人は、なんにも成長してない!

いつまでも人のせいばかりにしているし、もしかしたら自分に原因があるかもしれないのに、人のせいにして、自分は悪くないと思っていては、ずっと変わらないままです。

試されるひとつのポイントとして、”別れの時の対応”です。結婚相談所では、お見合いのお返事は、担当が代理で対応してくれるから気持ちは楽ですね。でも、真剣交際になったあたりでは、担当が代理で対応はしてくれません。自分達で解決して、自分達で嫌なことにも向かい合っていかなければならない。

だから、別れが訪れた時は、必ず、どうしてそういう結果になったのか考えるべきだし、お相手には誠意をもって、お互いに傷つけあうかもしれないけど、自分の意思を伝えていかなければならない。

これができなければ、「結婚」というステージにあがれないと思います。そして、そんな人は、結婚できたとしても、幸せにはなれないですから。

結婚した先のほうがもっと大変

「結婚」はすれば幸せなんてことは、決してないです。結婚してからのほうが、本当の意味で自分を試さるわけだから、傷つくことや乗り越えなければいけないことってのが多い。それは結婚してみないとわからないことです。

だから、婚活中におきている、ちょっとしたことなんて、私からすればかすり傷程度なものなの。そのたいしたことないことを越える力がなければ、結婚はしないほうがいいと思います。それくらい、結婚てのは楽ではない!

良い時もあれば、悪い時もあったり、人間同士感情もあるし、人は変化もしていく。その中で、ずれが生じてきて、そのずれを毎度修正する、この作業が面倒なわけです。それでも、ご縁があって一緒になったんだから、どうにかできないか!と話し合いをもつわけですよ。

結婚に大切なことってのは、やっぱり嫌なことに向かいあう力とか、解決していく力とか、視野の広さというか広げ方を学ぶってことで、これって学校では深くは教えてくれなかったことだよなと思います。

結婚に大切なこと

①嫌なことに向かいあう力
②解決していく力
③視野を広げる力

だから、高学歴だろうが、高収入だろうが、まっとうな職についていようが、婚活でつまずく人っていうのは、この部分の学びをしなければいけないんだろうって思います。

目の前にあることから、逃げないで、向かい合うこと、これは婚活では必須事項だなと思います!

辛いことを越えて結婚したい、そういう方は面談も検討してくださいね!ganmiに面談予約を、オンラインZOOM面談も対応中です!

2冊目、5月7日発売!アマゾンで予約受付中!

婚活は「がんばらないほうが」うまくいく 大切なご縁を最速で形にする成婚塾   三島光世

結婚相談所ganmi三島は、婚活初心者専門コンサルタントとしても活動しております。
下記は、blogです。初心者の方は、是非参考にしてください。

悩める婚活者のための参考書ブログ