結婚相談所にお越しになる方の3つのパターン

結婚相談所に面談にお越しになる方は様々います。だいたい3つのパターンになります。

①結婚相談所に入会したことがない
②すでに大手結婚相談所(大手結婚情報サービス)に入会したことがある
③すでに中規模(連盟に加盟している)仲人型結婚相談所に入会したことがある

面談では、以前の活動をヒアリング

面談にお越しの方には、以前の活動の話をお聞きします。そもそも、の大手結婚相談所と当社とは明確な違いがあるので、サポートがあることを期待して当社にご入会になる人が多いです。これは普通のことですね。サービスに明確な違いがあるからです。

しかし、以前、連盟に加盟している(IBJ)の仲人型結婚相談所で活動している場合には、なぜそこを退会されたのかを念入りに確認します。仲人型の場合には、仲人のアドバイスレベルが違う場合もありますので、その点が問題だったのか?もしくは、自分自身にも足りない部分があったのかもしれませんしね。

あとは、時に気分転換したくてとか、数年前に婚活疲れで辞めてしまったけど、改めて活動してみたい、これならOKでしょう。しかし・・・本当に当人に問題がある場合があります。

同じ系列3社を渡り歩いているなら、自分自身を振り返るべき

3社似たような仲人型結婚相談所(IBJ加盟店)を渡り歩いている場合、本人に何かあると私は思います。そもそも、入会を決断するには自分の意思があるはず、面談で話を聞いて考える時間があったはず、数社面談に行けるチャンスがあったはず、それなのにそこを選び入会してしまうセンスの問題、そして、うまくいかず自分の感情をコントロールできない、担当のアドバイスをきかない、そういう傾向があります。

そういう方は、まずは自分を振り返るべきです。入会した結婚相談所のせいにするなんてもってのほか、そもそも本当に自分に魅力があれば、サポートがなくたって結婚にいたるでしょう。

先日、同業者と話をしていましたが、ganmiにはほんとに色々な方が入会するんだなと思ったんです。同業者の相談所には、大手結婚相談所から移籍してくる人はいるそうなんですが、同じ系列の仲人型結婚相談所から移籍してくる人は、あまりいないというのです。

しかし、当社には、同じ系列から移籍してくる方は比較的多く、ganmiで3社目という強者もいます。先に述べたように、3社目という方には、入会時にきちんと話をします。

結婚相談所の問題ではなく、あなた自身にも何かなおすべきポイントがあるはずだということ。それに気づけなければ、どこで活動したって結婚はできません。先に述べたように、究極、自分に魅力があれば、どこでも結婚はできるはず。そうなっていないのだから、人のアドバイスを真摯に受け止め、感情コントロールして婚活することを心がけましょう。

アドバイスが欲しい方は、ganmiに面談予約を、オンラインZOOM面談も対応中です!

結婚相談所 お見合い 婚活