コロナの時代、マスク必須のお見合い

最近はコロナも少し収まってきたもののマスク着用でのお見合いは当分継続となるでしょう。男性会員様にとっては、このような状況でのお見合いは以前よりは大変になったかなと思います。

ホテルでのお待ち合わせ時、男性からお声がけしますが、女性より認識能力が低いため、マスク着用だと探せず間違うということが増えていきます。

男性は、女性よりも鈍感

鈍感とはどんなことかというと、”認識能力が低い”ということです。

マスクを着用するしないは別として、いつもダウンスタイルの女性がヘアアップした場合、男性は同一人物となかなか認識できないのです。

これは、もともともっている認識能力が低いのであって、責める部分ではありません。ですから、お見合いでは、お見合い写真と全く違うお洋服で行ってしまうと、同一人物と認識できない可能性があるので、女性はなるべく雰囲気の似たお洋服で行きましょう

何回か会えば、間違うことはないのですが、最初は認識できないので気を使ってあげましょう。

お見合いで間違わない為にはどうしたらいいのか?

男性というのは、認識能力が低いので、マスク着用となると余計にお見合い相手を探すことが難しくなってきます。ですから、間違えを避けるためにも、女性が着用しているお洋服やバッグの色などを事前に確認するのも手ですね。

お見合い前日までに担当を介して”グレーのバッグ、白のワンピースでうかがいます”など、と教えてくださいます。

先日、当社男性がお見合いだったのですが、なんと女性が着物でお越しでした・・。これだとまったく探せないわけです。

なぜかって?だって、そもそもお見合いは洋服で来るという認識ですから、着物の方を探さないし、着物の方を見ていたとしても見過ごしているのです。そして、着物の時は髪をアップしていますから印象が全然違います。ですから、別人として認識してしまう可能性が大ですね。

着物は魅力的ですが、その場合には、女性側から・・事前に一言あると待ち合わせを間違えないでスムーズになります。