お見合いし放題の罠

面談にお越しになる方から、様々な質問をお受けします。ここ最近あった質問について見解を述べさせていただきます。

彼は大変賢く、自分が入会するにあたり、いろいろな情報収集を行う方でした。

ですから、細かい質問がたくさんでてきました。

ひとつが、お見合いの数についてです。「お見合いが無限大にできる、お見合いし放題の結婚相談所が存在するのはなぜか?」という質問でした。

○○放題は営業が楽!

「携帯電話の仕組みと一緒、電話すると思いきや、実はそんなに電話で話すことがない、かけ放題なんて必要ない、これと一緒ですね」と彼は言いました。

そうなんです、結婚相談所は営利目的ですから、当たり前ですが、入会金を必要とします。これは活動準備資金ですね。

入会金の設定は会社によって様々ですが、入会金が高いところをよく見てください。大体お見合いし放題にしてると思います。だって、お見合い数に制限があったら、入会を考えてしまう人ってでてきませんか?

人は、○○放題という言葉のマジックに騙されてしまうもので、そんなことは会社はよく考えて経営しています。

でも、○○放題というのは、正直なところ、楽に営業できる方法に過ぎないと伝えています。もし明確な分析を行っているのであれば、お見合いの数は、結婚できるかどうかに関係ないということは、把握しているはずだからです。

しかしながら、そういう質問をしてくる方には、結婚相談所の実情(経営者目線)での話もさせていただきます。これは、会社を経営していく視点もなければ、結婚相談所はボランティアじゃないので、難しいところで、お見合いし放題にしてしまう現実もあるということです。

平均は、お見合い月2.4件

では、実際活動している方の月平均お見合い数はどのくらいか?と思いますよね。

ここできちんとしたデータをお伝えしておきます。日本結婚相談所連盟(IBJ)がだしている平均は、2.4件です。このデータをみて、どう思いますか?お見合いし放題の意味はあるでしょうか??

もちろん、条件が良くお見合いしやすい方なら、もっと数が増えるでしょう。しかし、お見合いを多く組めば結婚できるというものではありません

IBJが、お見合いで結婚できる件数は、5-9件(最頻値)だと分析結果をだしています。となれば、お見合いは、月3件もできれば十分に結婚できるのです。

お見合いし放題の結婚相談所に入会して、お見合いをしずぎて結婚を逃した、みじめな男性の話も知っています。お見合いすることだけに、頭がいっぱいになり、一番大切な結婚をする、ということを忘れてしまった典型例です。

これこそが、結婚相談所の営業にひっかかってしまったパターンです。今一度、よく考えて、自分できちんと見極めて、結婚相談所を選びましょう。

この質問をしてきた男性が言っていたとおり、お見合いし放題は、携帯電話のかけ放題プランの仕組みと一緒です。

その仕組みがきちんとわかっている時点で、あなたは結婚に一歩近づいていると思います。

今年こそ結婚したい方、面談も検討してくださいね!ganmiに面談予約を、オンラインZOOM面談も対応中です!

結婚相談所ganmi三島は、婚活初心者専門コンサルタントとしても活動しております。
下記は、blogです。初心者の方は、是非参考にしてください。

悩める婚活者のための参考書ブログ