結婚相談所で成婚出来る人は、5-9件のお見合いできめる!

私の著書や、blogでも記載していますが、結婚相談所を利用して結婚出来る人は、お見合い5-9件で結果がでます。『普通』の結婚が、なぜできないの?P127にも記載しているとおり、日本結婚相談所連盟が算出していますが、5-9件が最頻値です。

長年結婚相談所をまとめている連盟がだしている結果なのだから、それが正しい数字なのです。

だから、会員様には、お見合いは数ではないと、何度何度も伝えるのです。

お見合いを平行しすぎる弊害

残念ながら、人間というのは目移りしてしまう動物です。次から次へと、新しいものに目がいきがちです。そうすると何が起こるかというと、「結婚できない」という現象になるのです。よーく考えてください。もし目移りを続けるのなら、日本中・世界中の方を会ってみないと決められないということになりますよね?

でも、どこかで、決断していかなければなりません。その目安が、5-9件なのです。

当社の会員様の成婚例をご覧いただくとおわかりになると思いますが、皆様、そんなにお見合いしてないんですよね?なぜかって?当社は、半年を目標に結婚するようにアドバイスしているからです。(長くなってしまう会員様もいますが・・)

本当に結婚までサポートしたいと考えるならば、お見合いは数ではなく、出会ってからの関係構築の力を高めるべきだとアドバイスしなければなりません。

出会いがない?なんてのも嘘で、出会いはたくさんあります。ただ、関係構築能力が低いがために、出会ってもそれを結婚まで結びつけることができないだけです。

だから、お見合いでは、出会いの数ではなく、出会えた中で、どのようすれば結婚できるかを考え、結婚まで結びつけていくか、これが本当の婚活だと言えます。

お見合いを平行している人の特徴

・優柔不断
・浮気性
・いい人がいたら結婚したい
・関係構築が苦手
・結婚を優先と考えていない(趣味などに走りすぎ)

こういう特徴のある会員様は、真剣に考えているのか?うっすらと、人柄なども見え隠れします。

結婚相談所としては、お見合いをずっとしてもらい、活動を長引かせることなんてのもいくらでもできるでしょう。でも、会員様も、サポートする側も、一番の目的は何なのか?それは、「成婚」ということです。

また、日程調整を平行しすぎりことで、本人も混乱しますし、お見合いを行ったとして、今度はデートする時間もとれなくなり、一人一人と向かいあう時間がなくなってしまうのです。(男女ともデート代もばかにならない)

月3件でも混乱している会員様もいて、きちんと自分のスケジュール管理もできない人が、結婚できる?って思います。

ここも忘れてはいけません!

また、30歳すぎて、「出会いがない」とか言っている人をみると、逆に、あなたは30年も生きてきて、それなりに人に出会っているのに、それでまとめられなかったの?と思われてしまいますよ。

出会いがない、と言える人は、無人島にいる人か、過疎地や地方にお住まいの人のみが、使っていい言葉だと思います。街を歩けば、人がいる、お店にはいれば、その横には、人がいる。結婚出来る人は、そんな出会いを自分の力で、結婚に結びつけられるのです。

今日から、「出会いがない」という言葉は禁句!目の前にあるご縁を大切に、関係構築する力を育んでいきましょう。

あなたの担当に、きちんと「結婚したい!」と伝え適切なアドバイスをもとめましょう。

誠実に活動して結婚したい方は、ganmiに面談予約を、オンラインZOOM面談も対応中です!

結婚相談所ganmi三島は、婚活初心者専門コンサルタントとしても活動しております。
下記は、blogです。初心者の方は、是非参考にしてください。

悩める婚活者のための参考書ブログ

youtubeでも婚活アドバイス
細かすぎる婚活初心者アドバイスチャンネル

本格的に開始して、9ケ月、1000名登録突破しました。ありがとうございます!