結婚相談所の出会いとは

結婚する為に出会いを探しています!と宣言している出会いだからこそ、結婚相談所の出会いは、平行していることが当たりまえですし、仮交際(デート)する人も複数いても構いません照れ

もちろん、平行する人もいるし、一人の人と向かい合う人もいますが、権利としては、平行していても構わないということです。

平行するときに注意すること

お見合いを複数行う場合、当日に複数行うことができれば、比較検討をしやすいですねキラキラ

同日に仮交際となり、そこから同時並行して複数の方とデートをしてお相手との関係を深めていけるからです。

しかし、お見合いがうまく調整できるわけでもありません。翌週になったり、2週間先になったり、追加でお見合いした案件はまたその先に設定になったりします。

そうすると、お相手との進捗状況にずれが生じてきます。ここからが注意するべき点です。

お見合いの時期が、早かったか遅かったかで、結婚の縁が変わってきてしまうのですアセアセ

どちらかの縁が進展してしまうこともある

A君とB君がいたとしましょう。

A君のお見合いが、8月上旬で、B君のお見合いが、9月中旬だとします。

A君とは8月から9月中旬まで、4回デートをしています。かたや、B君は、9月中旬に初めて会うわけです。

すでにここで進捗状況に差がでています。そして、ここから同時並行がはじまります。

8月から4回もデートしていてA君の気持ちが盛り上がり、そろそろ女性に告白をしたいとなっているとしましょう。でも、9月中旬に出会ったB君との状況はまだ未知ですから、女性としてはB君との関係も平行して検討したいなーと思うのは、人のつねです。

しかし、A君がいつまでも待ってくれる保障もありませんね(A君は女性のお見合い状況は把握していませんから)アセアセ

B君との様子をみてからと考えていたら、A君のテンションは下がってしまうかもしれません。そして、B君に集中したとしても、B君が真剣な交際ををしてくれる保障もないわけです。

ここで見極めを間違えてしまうと両方のご縁を見失ってしまうこともありえますガーン

だから、結婚相談所の出会いは、平行していい権利があるものの、出会いが多いことによって、どの人とのご縁をまとめていけばいいのかわからなくなったり、見失ったりして、結婚できないということになります。

選択肢が多いことで、ご縁を逃すこともあるってことを知っておきましょう。

昔の方が結婚できたのは、選択肢がなかったからというのも、大切なポイントだったわけです。しかし、いまは出会いを簡単に手に入れられる環境になったからこその弊害があるということです。

ご縁を逃さないためにも、担当がきちんとアドバイスしてご縁に導いてあげることも時に必要です。

会員様が思いのままお見合いを平行して進めていては、結局まとまりそうなご縁が破局してしまったりもします。

今一度、出会いが多いことがよいことではない、まとまりそうな出会いがあれば、それをまとめていくことが、結婚への近道です口笛

年末にむけて婚活をはじめたい場合には、ganmiに面談予約を、オンラインZOOM面談も対応中です!

婚活みなおしキャンペーン中です。

結婚相談所ganmi三島は、婚活初心者専門コンサルタントとしても活動しております。
下記は、blogです。初心者の方は、是非参考にしてください。

悩める婚活者のための参考書ブログ

youtubeでも婚活アドバイス
細かすぎる婚活初心者アドバイスチャンネル

1400名突破、引き続き、発信していきます♪登録お願いします!