ganmiに入会した理由
大手とは異なり、サポートが手厚かったこと。大手の説明も聞きに行きましたが、その時説明してくれる方と実際にサポートしてくれる方が違うことに違和感がありました。説明してくれる方は営業のために入会させたいのかなーという印象が強い。
入会金がなかったこと。なるべく料金の負担が無い方が婚活を始めるにもスムーズに行くと思います。入会金がなかったため、写真にもちゃんとお金を使えました。
サポート
連絡するとレスポンスが早くて、サポートしていただいているという実感がとてもありました。面談も希望すれば設定できるので、私にとってモチベーションの維持に繋がりました。実体験などもふまえてお話ししてくださるので、納得感があります。
仮交際の時はいつも三島さんを頼ってしまっていてその都度テンションの波があったので、真剣交際に入るときには「ここからは自分自身の問題、人に左右されないで自分で考えないと」というようなことを言われ、いつまでも頼ってはいけないなと思いました。結婚後はもう、三島さんはいないので笑
そのあとは適度な距離感でサポートしていただけたなと思っています。そのお陰で自分自身で覚悟を決めていけたと思います。
第一印象
写真と少し違うけど素敵だな、と思いました。
ですが2回目に会ったら、やはり歳の差を感じてテンション落ちるという事態が発生しました笑
お見合いの場所は大体暗いから、日の光の下と違う印象を受けます。女性側も同じことが言えると思いますが。
交際中心がけたこと
1週間に1回は会っていました。
テンションの波はありましたが、やはり1週間に1回会うと慣れていくかな、と思っていたので。
なので逆にメールは自分が返したい時にしか返していません。そこも自分の中で強制してしまうと辛くなってしまうので。
あとは、自然体で気を使わないでいました
結婚の決め手
これという決め手はありませんでした。仮交際のときもずっとこの人で大丈夫かと悩んでいて、次の段階に進みたいと相手から言われた時に、ここで保留したらまた悩んで決めれなくなると思い、勢いで真剣交際に進みました。
真剣交際に進んでからは、結婚することが前提なので、自分の中でも覚悟を決めていったので、徐々に相手の方と一緒にいることが自然になっていきました。
またそんな中で、相手が自分のことをとても好きなんだな、と実感できる場面が何回かあり、そこで改めて「こんなに思ってくれて優しいな」と思い、私もテンションが上がっていき最終的には結婚したいなと思いました。
悩んでいたら、生理的に無理じゃなければ勢いでも真剣交際に進んだ方が良いかもしれません。無理かなーと思っていても、案外大丈夫なものでした笑今はとても幸せです。
(29歳Yさん会社員、36歳Uさん教授)

担当コメント

20代の良い時に活動を始めて、1年かからずに成婚となりました。お相手と向かい合う中で、自分の気持ちがなかなか整理できなかったこと、周りの人の意見に惑わされてしまう性格でもありました。しかし、私の著書『普通』の結婚が、なぜできないの?の立ち位置のマトリクスを行い、自分と彼との婚活での立ち位置を再度認識しながら、自分をこれだけ思ってくれる人はいないなと思い返し、最終的に彼と結婚したいと思ったそうです。真剣交際に踏み出してよかったと思います。だいたいは、ここから一歩先に進むことができずに終わってしまいます。自分の気持ちを整えられる力をもっていたことが、成婚へつながったと思います。東京の母だと思ってくださったそうで笑。まだ年齢差そこまで開いてないですが、嬉しかったです☆幸せになれる力をもっていると思います。幸せになってください!